スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

aurora8で編んだ、そこそこボリュームのイギリスゴム編みのスヌード完成

記憶の中のイギリスゴム編みは、引き上げ編みのせいで編んでも編んでも進まないイメージでしたが、太糸で太針ならあっという間なんですね~。
aurora8で編むイギリスゴム編みのシンプルスヌード、約1週間で完成しました。

snood04_04.jpg

  • Pattern: Ravelryより「Brioche Infinity Scarf」(または単なるイギリスゴム編みのスヌード)
  • Yarn: zakkaストアーズの「aurora8」からロイヤルブルーを5玉弱使用
  • Needle: 13号針で40目で編んでみた(←ものすごくゆるゆる)
  • Size: (引っ張らない状態で)幅24~27cm×全長110cm
  • Memo: 1重巻きだとおへその下まで伸びて、2重巻きだと顔1/3がスヌードに埋もれる密着度の高いサイズ!

気になっていたスヌードの総重量は、約240gで収まりました。もうちょっと軽いのが理想だけど、アウトというほどではないかな?
出来上がり後に即水通ししたら、だるんだるんでレース編みのように目がスカスカになったのですが、乾くとちゃんと元のサイズに戻りました。さすがモチモチびよんびよんな糸だけある!
水通しで肌触りも少し柔らかくなって、噂通りチクチクはありません!

snood04_02.jpg

仕上げは、最後の段を普通の1目ゴム編みで編んでから、最初の別鎖の作り目をほどいて、1目ゴム編みはぎをしてみました。が、苦労の割には跡が目立ちまくりで全然報われていませんメンテナンスのしやすさを考えて、普通の引き抜きはぎで良かったかも。
まあ、裏表とも同様にハギ跡が目立つという点では裏表がないとも言えるので、完全リバーシブルなことが唯一のなぐさめであります。

またせっかくのリバーシブルなので、メビウスの輪にとじてみたけれど、折りたたみの収納に不向きだということが判明。一方メリットは、「若干巻きやすいような気もするけれど、気のせいかもしれない」という程度です・・・

じつは今回はじめてスヌードを編みました。スヌードってマフラーよりも顔との密着度が低いイメージがあったのですが、自分で編めば隙間問題は無問題。
装着しているうちに伸びてきたら、ほどいてはぎ直せばいいかな~と思って、輪にして編むタイプではなくて、マフラーのように編み進むタイプを選びました。
↓こだわりの、2重巻きでの高顔密着度。

snood04_03.jpg

aurora8のロイヤルブルー、紺色よりも彩度が高くて地味すぎず、Kozouさんのワードロープに多いグレーやダークな紺色のアウターによく合います。気に入ってくれるといいんだけど。(気にいらなかったら私がもらうけどね!)



Kozouさんが長期出張から帰ってくるまでの間に、余ったロイヤルブルーで今からニット小物を編む予定。
これも気にいらなかったら私がもらおうっと。
スポンサーサイト


#小物 | 【2014-02-17(Mon) 00:03:51】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © でたらめKnitting+@ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。