スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

#26-2 Re-calculate Day

phildarジャケをどんどん編み進みたいので、今日はしち面倒くさいフラ語解読とカーブ再計算を先回り。
やっぱり日本式の編み図が見やすくて好きなので、専用編み物ノート(現在4冊目?)に目数や段数をこと細かに書きこんでます。
ただオリジナルのチャートを書いた後に、さらに自分用ゲージのチャートを書くので、手間が2倍かかります(怒)。

No.2602cul.jpg

みんな、ゲージ再計算ってどうやってやってるんでしょう?便利なソフトとかってあります?
私は製図を習いに編物教室に通おうとしたものの、あまりの精密な世界に衝撃を受けて挫折。(趣味なのにそこまでやるのか?とガツーンとくらいました)

現在は本の編み図を自分の糸のゲージに再計算だけ出来ればいいや、と独学道まっしぐら。
要領が悪かったり、間違ったやり方をしている恐れは多々あるけれど、せっかくなので今回とった方法を少し詳しく書いてみます。(以前もここの記事ここの記事で書いたことあり)
(*)あくまで独学なので鵜呑みにしちゃイヤンです。参考程度にどうぞ。

今回は前裾にもカーブがあるので、久々に気合入れてカーブの再計算をやってます。
私の場合、気合=印刷で、たた&たた夫さんのところのゲージ方眼紙を、本オリジナルのゲージ(18m.X25rgs.)と自分のゲージ(21.5m.X28rgs.)の2種類印刷。そして
No.2602gauge.jpg
(*)間違ったこと書いてないかビビッて製図本を見てみたら、階段下のカーブの書き方がちょっと間違ってました(汗)。

これは日本にたた&たた夫さんがいるからこそ成せるワザ。本当に本当にいつも感謝しております。(今合掌しました)
koko's swatchのcocoaさんも同じやり方みたいだし、この方式の愛用者の方って他にもいるかな?
なお、編物の先生や、編物達人さんがいたら、ご指導&ここの記事の修正コメントなど、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト


#26_ツイードジャケット | 【2006-02-18(Sat) 18:52:34】 | Trackback:(2) | Comments:(16) | [編集]
コメント
3369さん、ゲージ調整始まりましたね。
バンザ~イ!3369さんがやっていらっしゃる方式なら大安心です。ホントーに安心しましたぁ。
でも私はディスプレー上ではできないので、チョキチョキ切って貼り付けて…です。
 編み針で編む行為をやった一番最初のプロジェクト(夫のベスト)で、いきなりゲージの違う糸で始めてしまって、苦し紛れにこんな事をやってみましたが、人にも恥ずかしくて言えないと思っていたんです。その後ウエブで編み物の掲示板を知り、先生に恐る恐る伺ったら『それで良いですよ。』との回答を頂きました。良いみたいですね。もっとキチンとした法則があるのかなぁーと思って居たので、意外でした。その後つい最近、編み物の大先輩に同じ事を質問してみたら、矢張り同じ答えでした。他に何か在るのかしら?是非知りたいところですね!西洋のブログではゲージが違っていると、よく『math をしなきゃ。』と言っていますが、実際彼女たちがどんな計算をやっているのか知りたいですね。
 この一連の作業、相当疲れますよね。オリジナルゲージで書き写す時、間違えないように確認しながらですので、気が抜けない。
 自分ゲージの用紙に写した後の修正、どこにポイントを置いてやっていらっしゃいます?オリジナルをなるべく忠実に再現する?
それとも、あくまでもオリジナルは参考程度にして自分なりの規則性を作り上げる事?私は実は後者を採用しています。
3369さんは何かルールをきめていらっしゃいますか?
2006-02-19 日  09:18:43 |  URL | cocoa #79D/WHSg [編集]
ゲージ調整を一気に片付けてしまったので、後は編むだけです!ビシバシ行きますよー、と思ったら今回の減らし目(dim.double)がいつもと違って特殊でした。この謎を解読するまでは袖山が編めないじゃないかー。
おお、西洋人の謎の言葉『math をしなきゃ。』って何なんでしょうね?私も知りたい。
このゲージ調整の話題、他の人がどうしてるのか知りたくて、ちょこちょこ書いているんですが、あまり他の方のレスがつかなくて(よその為になるページも発見できず)、結局は謎のままです。
再計算してくれるソフトがあってもいいと思うんだけどなー。
ルール決めは私も2段毎の階段があまり細かくならないよう、適当に修正してます。自分ゲージの階段は何回も書き直すので、いきなりマジックでは書けませんね。まずは鉛筆で下書きして「これだ」と思ったらマジックで清書してます。
このマジック書きの時が達成感があってちょっと楽しいかも。大人の工作みたいで。
2006-02-19 日  22:34:34 |  URL | 3369 #79D/WHSg [編集]
こんばんは。ちょっとおじゃまします。
うちの母親(昔はアパレル関係の仕事してました)いわく、身頃・袖などの型紙を取り、編み進めていくたびにその型紙と編地があっているかどうかチェックしながら編み進めていた人がいたそうです。
その人は自分でゲージを取って調整をした上でその型紙とチェックしていたかはわかりませんが、なるほどそれも失敗を防ぐひとつの方法だなと感心しました。アパレルの人ならではの発想ですね…
2006-02-19 日  23:29:46 |  URL | 松子 #79D/WHSg [編集]
わたしも母に型紙のことは聞いたことがあります。型紙を作って置いて合わせながら編むといいって言ってました。
そのときはかぎ編みで太めの毛糸を使ってラグランのニットを編んでいたのですがとっても役に立ちましたよ!
確認の上でも作っておくといいかもしれませんね。
2006-02-20 月  07:29:42 |  URL | mary #79D/WHSg [編集]
専用編み物ノート、きれいに作ってありますね。見習わねば。
ゲージ調整は私も興味しんしんです。
型紙と言えば、昨シーズンの「おしゃれ工房」の横森さんのジャケットにも型紙がついていましたよね。
3369さんのハイテクとローテクを組み合わせた方法は、とっても参考になります。
あと実は気になっているのが、「オリジナルパターン」。私は以前父親のためにVネックベストを適当に他の編み物本からサイズ等拝借して作ったのですが、いまいち納得のいく仕上げにならなかったので、みなさん素敵なオリジナル作品はどうしているのかなぁと思ってみています。
横レス失礼しました。
2006-02-20 月  07:50:57 |  URL | ドリア #79D/WHSg [編集]
3369さんのビシバシは、小気味よいからとても楽しみです。
今回のは特殊なんですか?
私のブログ訪問行動半径は非常に狭いので知らなかったのですが、いろんな所で書いていらっしゃったんですね?実際にみなさんどうしていらっしゃるんでしょうねー。本当に知りたい。手応えが無いと言うことは、それ程みなさん気にしていらっしゃらないって事かなあ。スオッチはキチンと編みましょうと、どの本にも書かれてある割には、細かいゲージ調整に関してちゃんとした記述が無いですよね。絶対ピッタリって事あり得ないのに。
むかーし、3369さんが、ご自分のノートの記録があまりに多すぎてどれが正しい最終結論だか分からなくなり、間違った記述に従って編んでいたなんて、面白可笑しく書いていらしたのを思い出しました。ノートは宝ですね!
2006-02-20 月  08:32:17 |  URL | cocoa #79D/WHSg [編集]
とっても興味ある記事ですね~。
編み図からさかのぼると元の型紙からずれは生じてしまうもの、さらにゲージも編み続ければ多少は変化するでしょうと思っています。だから逆に編み物って少しくらいはずれてもいいだ!とお気楽に編んでます。
カーブのゲージ調整がかんたんに出来るのもいいですがカーブをカクカク編み図にするのって意外と楽しいというか達成感というか・・私も鉛筆→マジックでやってます。たまには更に赤ペンとか色が入ることもありますが・・。
phildar、解読できないだろーし、日本で買えないので完成楽しみにしています。
2006-02-20 月  10:49:25 |  URL | おはこ #79D/WHSg [編集]
どこかでCADでやるのが簡単だと読んだ記憶が..。
確かに簡単だと思います。使える人or覚えるのが苦じゃ無い人にとっては。
でも私は電卓でちょこちょことつじつま合わせる場合が多いです。大きくゲージが異なる場合は通用しないですよね。
2006-02-20 月  17:00:10 |  URL | rarato #79D/WHSg [編集]
わー、たくさんの書き込み&情報ありがとうございます。
こうやって見ると
(1)階段カクカク派
(2)型紙派
(3)CAD派
(4)計算機派
って感じでしょうか?
>松子さん、maryさん
昔のニット本には型紙がついていた、って私も聞いたことあります。図書館で昔の編み物本を借りたことがありますが、ものすごい情報量でした。襟だけでもいろんな襟パターンの製図法が載ってて、読みきれずに返却しちゃいましたが。
そうか、私が入手すべきは昔の丁寧な編み物本なのかもしれない。
>ドリアさん
横森さんの型紙、私も使いました。並太3本どりの超ローゲージパターンだったので、型紙でそれぞれゲージ調整してね、って意味だったのかー。
このおしゃれ工房のパターンは、「こういう形にしたら袖が細く見える」とか「ジャケットの袖のとじ方はこっちに余裕をもたせて」とかポイントが書いてあって、すごく参考になりました。
こんな解説付の本、もっと増えればいいのに。
>cocoaさん
よそのサイトでゲージ調整法を見つけられなかったので、自分のとこに我流のやり方をたまに書いてました。
編み物の達人が「まあ、見てられない。こうやればいいのよっ」って書き込みがないかなーと期待してたんですが、そんな甘くはなかった・・・。
私の編み物ノート4代目はリングノートにしたので、正しくないメモや下書きはビリビリ破って、清書分だけを残すようにしたんですよー。それでも編みながらゲージが変わっていくので、相変わらず修正の罠があちこちに仕掛けられています。
>おはこさん
おはこさんもカクカク派なんですね~。あの階段を手でしこしこ書いてると「あー、パソコンだったら、今一番近い距離をはかって自動で階段引いてくれそう!」って思う私は、パソコン依存症でしょうか?
(←本を読み返す時も、「ああ、あの場面どこだったっけ。「検索」機能ですぐに探し出したい」とか思う。)
>raratoさん
そういえば、見たことあるかも。CADで製図って。使える人にはいいですけどねっ。
raratoさんはあれでしょ?「縦横比」とか言ってましたもんね。
「18:X=21.5:28」とかでXを求めたりしませんか?
私の編み物ノートにも、Xを求める数式があちこちに走り書きされてます。
2006-02-20 月  18:09:08 |  URL | 3369 #79D/WHSg [編集]
昭和40年代の編み物本を持ってますが、確かに「これ洋裁の本?」ってぐらいの詳細な基本製図があって、それに編んだ実物を重ねてある写真が随所載ってますね。
こんな細かい製図、考えただけでくらくらする・・。
「math」って算数のことですよね?計算し直さなきゃってことなのでしょうか?
いやだー、算数は大の苦手だー。
左脳がナイ(爆)私には苦行です。
2006-02-20 月  22:17:23 |  URL | このり #79D/WHSg [編集]
そう、私も先輩の方が『そこはこうした方が良いのでは?』と書いて下さるかなーと期待してますが、なかなかですね。西洋の方は割と気楽にメールを下さったりなのですが。
3369さんが階段カクカク維持の間は、私もそれで行きます。変更するときは是非ご一報下さいよー、頼ってますから(笑)
2006-02-21 火  00:19:39 |  URL | cocoa #79D/WHSg [編集]
「まあ、見ていられない。」なんてことないですよ~(笑)
私も‘達人’というわけではないから偉そうなことは言えませんが・・・
洋書からの書き起こしだとミミロクさんの手法が最適だと思います。
私がやるなら袖幅が何目か、袖山が何段かとかの必要な数値を確かめて
ゲージで割って実寸を計算し、そこから製図して割り出します。
ソフトは私も色々探していますが今のところCADを使ったアパレル用製図ソフトはありますが、
割り出しまで出来るものはみかけません。
私が使っているwinknitも袖山は完璧とは言えません。
聞くところによると袖山の曲線は数学的に特殊で、
正確な曲線を作り、更に割り出し計算をするのはとても難しいようです。
簡易型の計算機で「ニット電卓」というのがありますが、これは結構使えます。
ロイヤル工業製で定価は¥12800です。
ちょっと検索してみたらお安くてに入るショップもあるようです。ご参考までに。
2006-02-21 火  21:04:36 |  URL | 紫乃舞 #79D/WHSg [編集]
手作業、階段カクカクで良いって事なんですね?
貴重な情報、大助かりです。私は今、ラグランだから楽ですが、ミミロクさんのようなセットインスリーブだと複雑そうで、手が出ない。『ニット電卓』が有ると何でも来いになれるのかなぁ。それなら、欲しいー。
2006-02-21 火  21:48:07 |  URL | cocoa #79D/WHSg [編集]
今ニット電卓捜索の旅に出てました。
便利そうですが、何が便利なのかがよくわかりません。うーむ、研究だ。
>このりさん
40年代の編み物本、欲しいですー。
同じく左脳が未発達な私も、Xを求める公式に一苦労です。
ボレロのカーブも、前立を何目拾い目したら良いか数学名人なら公式で求められるんじゃないかしら?と思いながら、100円メジャーでカーブの長さを測ってますものー。
>cocoaさん
編み物先輩から「OKよ」コメントもいただけたので、しばらくは階段カクカクでいきましょうかね?
>紫乃舞さん
情報ありがとうございます。つまり袖のカーブはセオリーにのっとって自分の目数・段数で再製図されてらっしゃる、ということですよね?
あーあ、やっぱりみんな苦労してるんですね。編み物変換プログラムとか、どこかが作ってくれないかなー。いや、世界は広いので、どこかで作ってるかもしれない。
cocoaさん、西洋人のmath追跡調査、よろしくお願いしますね。私も写真ばっかり「ほけー」と眺めてないで、たまには英文読んでみますので。
2006-02-21 火  23:08:17 |  URL | 3369 #79D/WHSg [編集]
>再製図
ヴォーグ式では寸法だけで引いた図を「製図」、
割り出しして目数段数や増減目を入れた図を「編み図」と呼んで使い分けていますので、
再割り出しと言う方が私にはしっくり来ます。
袖山曲線を製図(作図)して編目グラフを使って階段を書いて(割り出しして)ますから
曲線の導き出し方が違うだけでやってることは一緒ですよ~
洋書も編み図(?)に細かい寸法か目数段数が入っていれば逆算して製図を描けるんですけどね。
p.s.ニット電卓についてブログに記事を書いたのでトラバっておきました。研究の足しにして下さいませ~
2006-02-22 水  20:53:22 |  URL | 紫乃舞 #79D/WHSg [編集]
ときどきお邪魔しています。
初めまして。
"Sweaterr Design in Plain English"と言う本の中で、Vネックの割り出し法を
一つ見つけたので報告します。
(袖の増目は日本と変わらないようです。)
例としてVネック40段で12目減目する計算です。
トータル12目減目に全て2段毎に操作すると仮定して2を掛けると24段(仮の数)。
40段から24段(仮の数)を引いた残りは16段。
ここで求めた数を2で割ります。
この16段を2で割ると8。
これが、4段毎の減目の回数になります。
4段毎に1目8回=32段。40目から32段を引いて8段。
これが2段毎の減目で編む段数です。
以上から、
2段毎に1目4回
4段毎に1目8回
となります。
洋書では、減目はなるべく表側で、と説明している本が多いように思います。
他には、You tubeで、「Easy Knitting Design」で検索すると、
(HPはEasy Knitting Design.com)
簡単な割り出し方法を解説した動画が見れると思います。
(こちらは間隔数を求めて段数を振り分けるやり方、ほぼ日本と同じ)
これは、割り出しの一方法で、割り出し法を
網羅したものではありませんが、上記の本の
やり方は変わってるな~と思ったので、
コメントさせていただきました。
他にも何かあったらまたコメントしますね。
ではでは、失礼致します。



2009-11-07 土  12:26:02 |  URL | mathしなきゃ #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2006/02/22 20:05 | 編工房 繭華の手仕事 | ニット電卓 先日ミミロクさん@でたらめknittingのところで 割り出しの話題があり、コメ

2006/03/03 13:46 | ヌマコの編物日記 | ゲージ調節は難しい。 レベッカのケーブルセーターウィズぺプラム。(私は勝手に巻きカーディガンと呼んでいます。)


Copyright © でたらめKnitting+@ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。