スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

aurora8で編む、イギリスゴム編みの帽子完成

イギリスゴム編みのスヌードついでに、前から気になっていたこの帽子も作ってみました。

supercupcake01.jpg


※準ベレー帽っぽいシルエットになるので、コレはメンズではなく自分用としました。
今回パターンを買うのがもったいなくて、写真の再現シリーズでいきました。なので正しくは「supercupcakeもどき帽」です。
ノーマルゴム編みから(推定)イギリスゴム編みに移る途中、
「はて、イギリスゴム編みの輪編みってどうやるんだっけ?」
と3回くらいやり直して、やっと見本写真のようにゴム編みがきれいに続きました・・・。
パターンを買うとこの試行錯誤の時間が省略できるんですよね。しまった。

出来上がった帽子を洗ったらちょっとゆるゆるになって、ゴム編みにぎゅっと包まれる感がなくなってしまったのが残念。

supercupcake02.jpg

(↑顔部分のみチョイ加工しています。コワクテゴメンナサイ。。。)
今回は片面のイギリスゴム編みを採用したので、裏返してこっちの模様でも使えます。

supercupcake04.jpg

<今回の教訓>
太糸のaurora8でボリューミーなイギリスゴム編みの帽子を編むと、ゴツくて頭巾寄りな仕上がりになる!
・・・次回編むならば、もうちょっと繊細な糸で編んでみたいです。
でももうイギリスゴム編みはお腹いっぱいかな~。



Hinagiku hatにしとけば良かった~~。


スポンサーサイト
#小物 | 【2014-02-22(Sat) 16:42:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

aurora8で編んだ、そこそこボリュームのイギリスゴム編みのスヌード完成

記憶の中のイギリスゴム編みは、引き上げ編みのせいで編んでも編んでも進まないイメージでしたが、太糸で太針ならあっという間なんですね~。
aurora8で編むイギリスゴム編みのシンプルスヌード、約1週間で完成しました。

snood04_04.jpg

  • Pattern: Ravelryより「Brioche Infinity Scarf」(または単なるイギリスゴム編みのスヌード)
  • Yarn: zakkaストアーズの「aurora8」からロイヤルブルーを5玉弱使用
  • Needle: 13号針で40目で編んでみた(←ものすごくゆるゆる)
  • Size: (引っ張らない状態で)幅24~27cm×全長110cm
  • Memo: 1重巻きだとおへその下まで伸びて、2重巻きだと顔1/3がスヌードに埋もれる密着度の高いサイズ!

気になっていたスヌードの総重量は、約240gで収まりました。もうちょっと軽いのが理想だけど、アウトというほどではないかな?
出来上がり後に即水通ししたら、だるんだるんでレース編みのように目がスカスカになったのですが、乾くとちゃんと元のサイズに戻りました。さすがモチモチびよんびよんな糸だけある!
水通しで肌触りも少し柔らかくなって、噂通りチクチクはありません!

snood04_02.jpg

仕上げは、最後の段を普通の1目ゴム編みで編んでから、最初の別鎖の作り目をほどいて、1目ゴム編みはぎをしてみました。が、苦労の割には跡が目立ちまくりで全然報われていませんメンテナンスのしやすさを考えて、普通の引き抜きはぎで良かったかも。
まあ、裏表とも同様にハギ跡が目立つという点では裏表がないとも言えるので、完全リバーシブルなことが唯一のなぐさめであります。

またせっかくのリバーシブルなので、メビウスの輪にとじてみたけれど、折りたたみの収納に不向きだということが判明。一方メリットは、「若干巻きやすいような気もするけれど、気のせいかもしれない」という程度です・・・

じつは今回はじめてスヌードを編みました。スヌードってマフラーよりも顔との密着度が低いイメージがあったのですが、自分で編めば隙間問題は無問題。
装着しているうちに伸びてきたら、ほどいてはぎ直せばいいかな~と思って、輪にして編むタイプではなくて、マフラーのように編み進むタイプを選びました。
↓こだわりの、2重巻きでの高顔密着度。

snood04_03.jpg

aurora8のロイヤルブルー、紺色よりも彩度が高くて地味すぎず、Kozouさんのワードロープに多いグレーやダークな紺色のアウターによく合います。気に入ってくれるといいんだけど。(気にいらなかったら私がもらうけどね!)



Kozouさんが長期出張から帰ってくるまでの間に、余ったロイヤルブルーで今からニット小物を編む予定。
これも気にいらなかったら私がもらおうっと。


#小物 | 【2014-02-17(Mon) 00:03:51】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ボリュームたっぷりのイギリスゴム編みスヌード計画

「ゴム編み スヌード」で検索していたら、昔自分が編んだマフラー写真が出てきて、思わずビクッとなった私です。
以前Kozouさんに編んだ、スカスカで薄くてコシのないカシミヤマフラーはいまだ現役なのですが、いかんせんボリュームが少ない。
「これは今流行りの(←まだ流行ってます?)ボリューミーでぐるぐる感のあるスヌードをぜひ巻いてもらわねば!
と、ピエロのオーロラ8を使ってシンプルなイギリスゴム編みのスヌードを編み始めました。

snood01.jpg

「ええっと、イギリスゴム編みってどうやって編むんやったっけ?」
「でも本探すのめんどくさい・・・」
と思っていたものぐさな私でしたが、ちょうどRavelryでそのものズバリなフリーパターン「Brioche Infinity Scarf」があり、そのまんま40目で編んでいます。



幅は27cmくらい。できるだけ編地が柔らかくなるように13号針でゆるーく編んでみたけれど、ちょっとゆるすぎたかも??
縦にも横にもひっぱった分だけびよーーんと伸びるので、水通しした後にどうなるかドキドキです。
色は「ロイヤルブルー」。ちょぴっとだけ茄子色がかった深みのある紺色で、メンズにぴったり!(写真は実物よりやや明るく写っています)
前から狙っていた色だったので、zakkaストアーズさんのセールで再販されてすぐに飛びついてしまいました。





aurora8は、大好きな内藤商事の「ZARA」によく似た、もちもちびよーん系のメリノウール100%の糸、ということはレビューでわかってはいたのですが、甘く見ていたのはその重さです。
4玉80cmまで編み進んだ現在、「よく考えたら、6玉(300g)のスヌードって相当重いかも」とチョイブルーになってきました・・・。フードまで付けようと目論んでいたのに、どうしよう・・・。


#小物 | 【2014-02-11(Tue) 23:55:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

でたらめソーイング:フリフリスカート職人への道

<注意>今回の記事は、編み物ネタではなく、ミシンネタになります。

私は決してミシンが得意ではありません。
子の入園準備で「ランチマットにバイアステープで縁かがりヲシテクダサイ」という指令(?)が出た時、「一般人になんて難しい指令を出すんだ」と頭に怒りマークがついたほどです。

そんな私でも、「こんなかわいいもん、作ってみたいやん!!」
という熱意だけで、ひそかにフリフリスカートを増産していました。

furifuri02.jpg

元は、ネットでぐぐってヒットした「型紙なしで作れちゃう簡単2段フリルスカート」です。
(今ではすっかり別物ですが
私が作れるパターンはコレ1つのみ。なのに、切りっぱなしでも洗濯してもほつれないチュール(※洗濯20回くらいでほつれ始めるかも)を見つけてからは、全色作るくらいの勢いでフリフリ職人まっしぐら。

寒くなってからは脳がすっかり編み物熱に侵されて、ミシンにとりかかるのが億劫でしたが、春吉さんの誕生日に間に合わせるため、久しぶりにフリフリしてみました。

furifuri01.jpg

いつもより時間がかかったけど、完成させたら、かわいくてうっとりオカーサンはめっちゃ満足です。

※シャツをスカートの上に出すのならば2段フリルスカートで十分かわいいと思うのですが、春吉さんが最近シャツをインしてスカートをはくことを覚え、対策としてフリフリを3段化しました。コストUPがイタイ。。。

furifuri04.jpg




最後のオチ。スカートに使おうと思っていたゴムは半分春吉さんに奪われて、なわとびの練習に使われています。

furifuri03.jpg



#ベビー・キッズもの | 【2014-02-11(Tue) 22:30:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

4~5歳女児が進んで着てくれる?かもしれないカーディガン「Sweet Poppy」完成

カーディガンをなかなか着てくれない4~5歳女児でも、自分から進んで羽織りたくなる、ラブリーでSweetなカーディガンパターンを探して編んでみました。

sweetpoppy02_01.jpg


完成した形を早く見たくて、どんどん編んでしまう、という経験はとっても久しぶり。
最初の「解読できなかったらどうしよう?」という不安もなんのその、今すぐにももう1着編みたいくらい、楽しかったです

sweetpoppy02_033.jpg

そう、この燕尾服っぽい裾↑をどうやって編むのか、そして(春吉さんがそれを)着たらどんなシルエットになるのか、知りたくて、夜な夜な少しずつ編んでいました。今はとっても満足満足

sweetpoppy02_023.jpg

(※↑現在、NHK-BSであらいぐまラスカル放送中。ほぼ5歳児にヒット中)
でも残念ながら「4~5歳児が自ら進んでカーディガンを着る」という事態は実現ならず・・・。
敗因は、ピンクが入っているとはいえ微妙すぎる色合いと、top downが嬉しくて何回も途中で試着しすぎたこと。
次回もう1着編むならば、パキっとした鮮やかな色合いで、完成するまでは秘密にしておきたいと思います。

sweetpoppy02_05.jpg

↑肩と袖はもちろんとじはぎなし。
このパターン、肩下がりが下がり気味だったり袖山が高かったりするのは、よりエレガントになるように計算されているせいなのか、はたまたゲージの違う糸を使ったせいなのか、それともこれが普通なのか、もしかして誤解読なのかさっぱり不明です。
もっといろんなタイプのtop downパターンを編んで勉強せねば!


最後に、今日のオチ。

○毛糸代=1,040円(※1玉260円時に購入)
○パターン代=570円
-------------------------
材料費計:1,610円

最初はパターン代が高すぎる!と思ったけれど、6ヶ月・9ヶ月・12ヶ月・18ヶ月・24ヶ月・3歳・4才・5歳・<省略>・14歳までと13年齢分もサイズが用意されているなんて、なんて手間なんでしょう!
大きくなっても後々別のサイズでも編めるので、決して高くないことが判明しました。
ありがとう、そしてナイスです!外国の方々!

#ベビー・キッズもの | 【2014-02-02(Sun) 17:54:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © でたらめKnitting+@ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。