スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

#29-2 Lelah-topサイズ考

私のlelah not-topはやっぱりでかかった・・・。
現在2玉完10リーフに到達しようとしているけど、アイロンかけちゃったし、編み直しするかdecrease roundで絞って進むか、非常に悩ましいところ。

No.2902big1.jpg

↑手持ちのゆるゆるトップスと比較。さらにでかい。(Lelah not-Topは、こんなちっちゃい袖を付けて着やすくしようと狙ってマス)

No.2902big2.jpg

↑サイズ計測したら最大42cmX2=84cmでした。
もともとlelah topパターンには明確なサイズが書いてないんですよね。「自分のバストサイズをきつめに図って、サイズと目数がわかったら、11で割りなさい」というアバウトな指示があるだけ。
「どのくらいきつめなんだ?」と思いつつも80cmで見積もって、自分ゲージ26目X8=208目と計算したんだけど、出発点が間違ってた?
それともリーフ模様を11目1模様→13目1模様に勝手に変更したのがいけなかったか・・・。
ちなみにパターンオリジナルのゲージは17目(これもststのゲージなのか模様編み部のゲージなのか不明)なので

 17目:26目=143目:X
 X=26*143÷17
 X=218目

という計算式で出した目数よりは少ないのですよね~。
パターンはその後、decrease roundで14目減らして?バスト部分は129目=75.8cmだろうと思うのですが、読み違えしてませんよね?ね?

ちなみにLelah-Topをすでにステキに編まれた方々に胴回りアンケートをとったら
 ●ひいらぎさん--70cm&64cm
 ●maryさん--71cm
 ●mimikoさん--72cm
という結果を頂きました。アンケートご協力ありがとうございました!
とりあえず80cmバージョンはこのまま寝かしておいて、目数を減らした70cmバージョンも編み始めようかと思います。
いや、そのうちイヤになって白ボレロへ行っちゃうかも・・・。


スポンサーサイト
#29_Lelah not-Top | 【2006-05-20(Sat) 09:39:08】 | Trackback:(0) | Comments:(5) | [編集]

#29-1 Lelah not-Top start

次に何を編もうか熟考する間もなく僻地出張に出ていたため、頭空っぽでぐるぐる編めるLelah Topを編み始めました。 (Lelah Topと言いながら、チューブトップ部分を改造する確率が高いので、「Lelah not-Top」と命名中)
コレ、パターンも簡単ですぐに覚えられるし、輪針と糸だけあればOKなので、移動のお供には最適ですね。旅の間にちょうど1玉分=5リーフ編めました。

No.2901start.jpg

Lelah Top、前から冬糸~モヘア込糸~ファンシーヤーン~夏糸と、いろんな糸でスワッチを編んでいたんですが、どれも編地がイマイチかわいく思えなくてスタート出来ずじまい。
今回もここまで編んできて、未だに愛い奴には見えてない(っていうか腹巻に見える)んですが、アイロンかけたら化けてくれますかね?
原因判明。リーフ模様はかなーりゆるめの棒針サイズで編まなきゃダメでした。(私、英語パターンはほんとにダメだわー。)

使用糸は、最高級コットンの代名詞、パピーの「海島綿」。
甘撚りの柔らかい糸なので、糸割れは避けられないけど割合編みやすいかな?ただ2-4号棒針使用(ゲージ27-28目X36-37段)の細めな糸のため、目数が多くなって(←200目超え)大変。
その割に自分の最適サイズがよくわからなくて、大きすぎないか小さすぎないか、ビクビクしながら編んでます。(丁度80cmの輪針がぴったりな大きさ)アイロンかけたら伸びそうだし、果てしなく心配。
初めてのLelah Topはもっと太い糸で編んで、自分の最適サイズが判明してから、細い糸で再挑戦すれば良かったなー。ま、いっか。


#29_Lelah not-Top | 【2006-05-15(Mon) 21:24:36】 | Trackback:(0) | Comments:(7) | [編集]

#28-7 Finish

出来上がったんですけど、ピチピチな着てナンボ、見てみます?(←あまり気が進まない)
ほんとにピチピチですからね・・・。

No.2807finish1.jpg
  • Pattern: Phildar436-20(tendances automne 05/06)

  • Yarn: ダイヤ毛糸 ソフスターメランジ 4玉半使用。総重量180g。

  • Needle: 5号針で模様編み24m.X33rgs.

  • Modifications: All parts are shorter than orijinal.

  • GALLERYにも写真追加してあります。

だれだれ警報発令中のこの糸で編むには、これくらい小さく編まないと後が恐いのですヨ。例えヨコに引っ張られた部分が、違う模様編みに見えたとしても。

思ったよりギンギラ度が控えめで、意外と地味な仕上がりになりました。アクセントに同糸のコサージュが必須アイテムなのもわかります。ああ、かぎ針名人さん、助っ人に来て欲しい!

ゲージに始まって、着丈・襟ぐり・袖ぐり・袖丈すべてをオリジナルよりコンパクトに圧縮したので、phildarパターンとは雰囲気が別物。これはこれで薄手の春ニットとして重宝しそうだけど、オリジナルの雰囲気が消えてしまったのがさみしいかな。

No.2807finish2.jpg

そして腹筋に異常に力が入っているのがバレバレですが、細く見える奇跡(詐欺とも言う)の1枚なので、ヨコショットも追加。skinnyrabittさんを意識してダンシングポーズ入ってます。(ウソ)
こういう縦模様のニットは、ウエストシェイプを入れると着やせ効果があるんですね。儲けた!

さあ、このエントリーを下げるには、早々に何かに手を付けなくちゃダメだな・・・。


#28_ギンギラプル | 【2006-05-06(Sat) 23:34:46】 | Trackback:(0) | Comments:(16) | [編集]

#28-6 encol.完了

連休中日だというのに、引きこもって襟を仕上げてました。完成させてどどーんと写真をUPする予定が、間に合わないので経過写真を1枚UP。
もう少し、もう少しなんだけどなー。

No.2806encol.jpg

もともと伸びっぱなしの糸を使用しているので、「だらーーーん」襟になるのが恐くて、ビビって小さめのカーブに変更したら、せくしー度は控えめ?
このニットのチャームポイントは大胆な襟の開きにあると思うので、ホッとしたような、残念なような・・。
まあ糸の太さが全然違うので、ほとんど自力でカーブを引いて、自力で拾い目の数を決めたんですが。(←不要な苦労)

No.2805encol.gif

↑しなくていい苦労の跡です。
続きは今夜着手する予定。fluffa!さんより早く仕上がるかしら。ドキドキ。


#28_ギンギラプル | 【2006-05-04(Thu) 15:40:33】 | Trackback:(0) | Comments:(6) | [編集]

28-5 のろのろ進行

今年は4月に入ってもずっと寒かったのに、いよいよぽかぽか陽気が漂いはじめましたね~。
とっても爽やかな季節なんだけど、コレがなかなか仕上がらないので、初夏の準備ができないではないのー。

No.2805dos.jpg

とか悪口を言いながらも、写真がおっきいのは愛情のしるし。「これって膨張色だよなあ。」と思いつつも、このギンギラでクタっとした編地に癒されてます。
でもこれ以上暑くなると、癒しよりも暑苦しさが上回ってしまう。とっとと仕上げて、早く風工房さんのボレロに行きたい。

No.2805pitipiti.jpg

同じような写真ばかりなのもアレなので、アホ写真も1つ。
袖の試着写真なんですが、ピチピチすぎて野菜のゴーヤにそっくり!
編地が薄いので、オーバーセーターというよりインナーにしようと目論んだのですが、だだだ大丈夫でしょーか。(いや、そのうち嫌でもだれてくるはずだし・・・)


#28_ギンギラプル | 【2006-05-01(Mon) 07:15:27】 | Trackback:(0) | Comments:(3) | [編集]

Copyright © でたらめKnitting+@ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。