スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

#26-10 お恥ずかしの・・・

<お知らせ>ひいらぎさんちでもphildarジャケットが出来上がってました!このジャケットに興味をもたれた方は、ぜひ見に行くべし。

着てナンボは5キロ痩せてからにしようと思ってたのに、着てナンボ早く見たいコール(早く見せろコール?)の多さに負けました。
ついでにGALLERYにも詳細をUP

No.2610kite3.jpg

いやだいやだと言いながらも、↑コーディネートには普段よりカクジツに気を使ってます。これよりTシャツ+見せベルトの方が似合いそう。見せベルト買わなきゃー。

人様に撮ってもらった写真もあったのだけれど、結局は自分撮影写真をチョイス。
自分で撮るといろんなアングルを試せたり、質より数で勝負できるので、マシな写真がまじる確率が高くなるんですよねー。
いろいろ撮りすぎて、ちょっとずつ違う写真を採用してみたのでした。
(でも本当にやっぱり恥ずかしい)


スポンサーサイト
#26_ツイードジャケット | 【2006-03-25(Sat) 22:31:42】 | Trackback:(1) | Comments:(16) | [編集]

#26-9 一応完成

完成してるか気にして見に来る人がいらっしゃるので、まだ糸始末の途中なんですが、写真見てみます?

No.26-09finish.jpg
 ・Pattern: phildar No.443-33 (tendances printemps06)
 ・Yarn: パピー ミラノツィード @840円X9ball-27.5%OFF)+ボタン代=6,000Yen
 ・Needle: 6号針で21.5m.X28rgs.

試着した感じは、編地が思ったよりも柔らかくてふにゃっとしてるのがNG。ジャケットにはもっとハリのある糸、またはハリの出る編み方にすべきでした。反省反省。
でもキャミやタンクの上に羽織ってもちくちくしない所はGoodかなー。

最後の襟を左右対称につけるのが難しくて、途中でヤケを起こしかけました。
ジャケットを美しく仕上げるって大変ですねー。後に残された大量の糸始末も面倒。次はセーターとかプルとか、あんまりとじはぎのないもの希望!


#26_ツイードジャケット | 【2006-03-23(Thu) 19:05:20】 | Trackback:(0) | Comments:(17) | [編集]

#26-8 組み立て中

昨晩のうちに「つなぎだけは!」と頑張りました。(*朝撮ると色がきれいに出ません)

No.2608assemblage.jpg

もちろんこの状態で即刻試着。
冬の間にゆるんだ体に合わせて、2番目のサイズを選択したためゆったりめな着心地になりました。うん、ジャケットだからこのくらいでいいか。
でも襟の開き具合がこれっくらいでいいか自信がないので、残る襟は別編みでいこうかと思います。(その方がやり直しがききそう)
もうすぐだー。


#26_ツイードジャケット | 【2006-03-20(Mon) 07:18:41】 | Trackback:(0) | Comments:(14) | [編集]

#26-7 もうすぐ!

これだけ見るととても前身頃の写真に見えない。
油断すると前身頃がすぐにも編み上がってしまうので、使命感に燃えて(何の使命感だろう?)今日もパシャリしてみました。

No.26-07soon.jpg

第2の難関のジャケット襟は、本に詳しい図が載っているにもにも関わらず(←phildarは親切すぎ。これに慣れたら情報の少ない英語洋書についてけなくなる)、案外手こずりました。
本当にphildar写真のようなステキなジャケットになるんでしょうかねえ?
まだ疑いは晴れないものの、作業も残り少ないのでこのまま行きます。明日1日引きこもって、がっぷりよつで仕上げよう!(*じつはこの前身頃は2枚目なのでした)


#26_ツイードジャケット | 【2006-03-17(Fri) 12:58:30】 | Trackback:(0) | Comments:(9) | [編集]

#26-6 本日の前身頃

前身頃は1晩でここまで進みました。

No.26-06devant.jpg

第一の難関(=ぐるん裾)を通過してホッとしたのもつかの間、第二の難関(=ジャケット襟)にさしかかっている所です。
第一の難関はやはり厳しかったー。「KIMONO BOLERO」の反省から、カーブ部分の目を細かく拾ってみたけれど、目の拾いすぎもヨレの原因になるということを知りました。次にボレロを編む時にこの反省を生かそうっと。(←今回はこのまま)

このジャケット、前身頃にはまだ難所が残っています。さっ、次の難関に備えなくっちゃ。


#26_ツイードジャケット | 【2006-03-15(Wed) 13:14:40】 | Trackback:(0) | Comments:(7) | [編集]

#26-5 前身頃編み始め

前身頃の途中経過なしでイキナリ完成すると、怒られそう(?)な気がするので、つなぎ写真を1枚UP。
うん、この写真が一番ミラノツィード803番の色を表現できてるかも。

No.27-05start.jpg

つなぎゆえ、へなちょこ写真なんですが、これは前身頃の編み始め。
ボレロのようなぐるん裾にするためには増し目を数回行うんですが、巻き増し目が上手に出来ないので引き返し編みを採用。
巻き増し目も引き返し編みもイビツになることにかけてはどちらもいい勝負なのだけど、引き返し編みの方がややマシなのでした。
(って、これだけじゃ、つなぎにさえならないか・・・)


#26_ツイードジャケット | 【2006-03-14(Tue) 18:05:17】 | Trackback:(0) | Comments:(3) | [編集]

#26-4 ツイードジャケット再開

9時に間に合うよう急いで帰ってきたんだけど
「二人してそのざまか。」
うっうっっ、八千草さぁぁぁぁーん!!

No.2603dos.jpg

わからない人には全くわからない内容でごめんなさい。でもこんなの、来週まで立ち直れそうにない。うーううー。
って編み物ネタを書かずに去る訳にもいかないので、一応編みかけの経過報告を。

現在ツィードジャケットを再開していて、今は後ろ身頃の途中です。
春らしくお昼休みの公園でパシャリとしてきましたが、日の光のせいで色が飛んでしまって、またしてもミラノツィードの渋かわいい編地を再現できなかった・・・。今度こそ。
毛糸&編地の美しさの再現に執念を燃やす、携帯カメラマン3369の挑戦は続く。


#26_ツイードジャケット | 【2006-03-09(Thu) 22:18:53】 | Trackback:(0) | Comments:(8) | [編集]

BEST EYE'S COLLECTION Vol.92

3月に入って、春めいた陽気が漂い始めましたねー。
春らしいお天気に浮かれて、冬冬しい毛糸を触っているのがイヤになってきました。ムショーーーに春物が編みたい!派手ジマWrapは秋まで繰り延べしようっと。
まあ今から春物にとりかかっても、出来上がる頃にはすっかり夏になってて、延々繰り延べ&繰り延べしてるかもしれませんが・・・。

そのムショーーーに編みたいものの1つが、リッチモアのBEST EYE'S COLLECTIONの新刊から。
これって季刊誌のはずなのに、地元手芸店では新刊2冊分が同時に並べられたりする不定期な仕入ぶり。前号のVol.91にはついぞお目にかからなかったのですが、今回92号をGET。
book-rich20061.jpg
・書名=Richmore BEST EYE'S COLLECTION Vol.92
・発刊元=ハマナカ株式会社
・定価=税込980円
・右写真は新商品の宣伝ページ。「カシミア+コットン」とか「キャメル+コットン」とか「アンゴラ+コットン」など珍しい取り合わせのアースカラー限定ヤーン。使ってみたーい。

book-rich20062.jpg
・左デザイン=りょう
・右デザイン=風工房

お目当ては右のギザギザエジングボレロでした。
さすが風工房さん!のデザインで、編むのも楽しそうだし着ても良さそう。(似合うかどうかは別)
風工房さんって、エジングを棒針で仕上げるデザインを最近いくつか披露してくれてますよね?↓この表紙のニットとか。
4529041441ミセスの手あみ (13)
日本ヴォーグ社 2005-08

by G-Tools
ROWANマガジンのエジングパターンを編みたくてうらやましかったので、こういうの増えると嬉しい。これからも風工房さんについていこうっと。


“BEST EYE'S COLLECTION Vol.92”の続きを読む>>
■レビュー:books | 【2006-03-07(Tue) 21:42:21】 | Trackback:(0) | Comments:(9) | [編集]

#27-2 not pretty?

そういえば私携帯を変えました。今回の機種には「ナイトモード」があるので、夜でも写真が撮れるのです。フフフフフ。

No.2703notpretty2.jpg

最初は後ろ身頃はオリジナルシマシマで編んでみたけれど、配色が心配で心配で、少し編んではほどく始末。途中で前身頃に鞍替えして、phildar指示に(*割と)忠実に編んでみたもの。
(*)「え?この毛糸こんなちょぴっとしか使わないと、いっぱい余ると思う。こんな色余っても困るし、足りない疑惑のあるこっちの糸の代わりに入れちゃえ。」などのマイナーチェンジは実行。

派手ジマの全貌が見えたら、何かかわいくなくなってきたなあ(汗)。真ん中の茶色のボアボア毛糸が予想と違う意外な風合いだった・・・。
それにしてもこんな大胆な毛糸MIX&配色(6種類7色使用)は、オリジナルではなかなか冒険出来ないですよねー。私の好みでいえば、3種類4色のベージュ糸MIXバージョンがベスト?とは思うけど、今はこの大胆MIXぶりを楽しむことにします。全部つなげたら、もう少しかわいくなる気もするし。
3月に入って迷ってる時間もなくなってきたことだし、さ、続き続きー。


#27_派手ジマWrap | 【2006-03-01(Wed) 21:01:53】 | Trackback:(0) | Comments:(9) | [編集]

Copyright © でたらめKnitting+@ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。