スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

#27-1 phildar福袋到着

ベルギーからphildarキットが届いたので、ツイードジャケットはしばしお休み。
phildar441号-9から、冬の面白毛糸が勢ぞろいな、派手ジマWrap Knitに手を付けました。

No.27-01yarns.jpg

<今回の注文情報>
・ベルギーのお店で4度目?の注文。毛糸は初めて。
・2/7夜に注文→2/23到着。
・毛糸は10玉で36.6ユーロ。(1ユーロ=146円で換算5,344円)
・本3冊込で送料は17ユーロ。(円換算2,482円。本3冊時の送料は12ユーロだったので、毛糸送料はお得?)

これは、本当に派手です(汗)。でも編むのは楽しーい。
ただphildarヤーンにまじって、手持ちのムラサキ毛糸をさりげなく消耗しようと、途中からオリジナルシマシマに変化してるのが気がかりです。
本当は、使うあてのない4年持ち越しのピンク糸好奇心で買ったものの派手で使えないピンク系エリッサ試し買いしたピンクマジョラムなど、さりげなくまぜたいと狙っている毛糸がまだまだたくさんあります。うーむ、どうなることやら・・・。


スポンサーサイト
#27_派手ジマWrap | 【2006-02-25(Sat) 12:42:41】 | Trackback:(0) | Comments:(12) | [編集]

#26-3 袖あと少し

私の住む地方も、ここ連日気温10度以上の好天気をマーク。朝晩もすっかり明るくなっちゃって、春が来た?
なのに私は相変わらずツィーディーな毛糸とお付き合い中。
現在2つめの袖が編みあがろうというトコロです。

No26-03manche.jpg

朝が明るくなったので、でがけにパシャリとしてきましたが、携帯カメラに朝露?がついてたみたいで、ボーッと靄がかかった写真になっております。
一度、ミラノツィードの地味美人な編地の再現写真を撮ろうと狙ってるんですが、なかなかうまくいきませんねえ。次回こそは。

袖は案の定細め。
腕が入るか心配で心配で、1個目の袖は、編みながら&脇を綴じながら&腕にはめて試着しながら、編み進む始末でした。(私このパターン、多し)
ジャケットのインにはうっすいもの以外、着用禁止になりそうな模様。ま、ミラノツィードは素肌の上に着てもちくちくしないから、良しとしときましょー。

両袖が仕上がったら、次はお楽しみの身頃突入だー。


#26_ツイードジャケット | 【2006-02-22(Wed) 12:46:50】 | Trackback:(0) | Comments:(9) | [編集]

#26-2 Re-calculate Day

phildarジャケをどんどん編み進みたいので、今日はしち面倒くさいフラ語解読とカーブ再計算を先回り。
やっぱり日本式の編み図が見やすくて好きなので、専用編み物ノート(現在4冊目?)に目数や段数をこと細かに書きこんでます。
ただオリジナルのチャートを書いた後に、さらに自分用ゲージのチャートを書くので、手間が2倍かかります(怒)。

No.2602cul.jpg

みんな、ゲージ再計算ってどうやってやってるんでしょう?便利なソフトとかってあります?
私は製図を習いに編物教室に通おうとしたものの、あまりの精密な世界に衝撃を受けて挫折。(趣味なのにそこまでやるのか?とガツーンとくらいました)

現在は本の編み図を自分の糸のゲージに再計算だけ出来ればいいや、と独学道まっしぐら。
要領が悪かったり、間違ったやり方をしている恐れは多々あるけれど、せっかくなので今回とった方法を少し詳しく書いてみます。(以前もここの記事ここの記事で書いたことあり)
(*)あくまで独学なので鵜呑みにしちゃイヤンです。参考程度にどうぞ。

今回は前裾にもカーブがあるので、久々に気合入れてカーブの再計算をやってます。
私の場合、気合=印刷で、たた&たた夫さんのところのゲージ方眼紙を、本オリジナルのゲージ(18m.X25rgs.)と自分のゲージ(21.5m.X28rgs.)の2種類印刷。そして
No.2602gauge.jpg
(*)間違ったこと書いてないかビビッて製図本を見てみたら、階段下のカーブの書き方がちょっと間違ってました(汗)。

これは日本にたた&たた夫さんがいるからこそ成せるワザ。本当に本当にいつも感謝しております。(今合掌しました)
koko's swatchのcocoaさんも同じやり方みたいだし、この方式の愛用者の方って他にもいるかな?
なお、編物の先生や、編物達人さんがいたら、ご指導&ここの記事の修正コメントなど、よろしくお願いいたします。


#26_ツイードジャケット | 【2006-02-18(Sat) 18:52:34】 | Trackback:(2) | Comments:(16) | [編集]

#26-1 いきなりサイズ危機

昨日ユニオンさんからパピーのミラノツィードが届きました。(←ここ、ハートマーク入れたいけど、やりかたわからず)
今日は久しぶりの電車移動だったので、移動中にミラノさんを編むのだ!と、昨晩(覚えたての)一目ゴム編みの作り目でスタートし、数段編んでおいて仕込みは万全。
2時間の移動なのに、欲張って2玉+100円メジャーをカバンにぎゅうぎゅう押し込めて出かけました。

そしてその成果がこちら。(やっぱり2玉は欲張りだった・・・)

No.2601milano.jpg

光で色が飛んでますが、本当の色はもっとじじむさい茶色寄りの色です(col.803)。このじじむささが地味~にかわいい。でもやっぱり本当に地味なので、春にはいかがなものか?
素材自体はコットン29%のおかげでさらっとしてて、意外に春向きなんですけどね。

今回は正式なゲージとりも兼ねて、袖から編んでます。
phildarの袖って「袖最大幅=袖口=30cm」のようなパターンが多くて、いつも袖をアレンジするか悩んで後回しにするんだけど、今回はノーマルサイズなので安心安心。
と思いきや、ゲージの目論見が甘くて意図したよりもほっそい腕になってしまった。
正式ゲージは6号針で「21.5目X28段」?ああ、けちって小さいスワッチを編まずに、大きいのを編んどけば狂いが抑えられたのに。
冬の間に体が成長しつつあるので、1サイズ大きくして編み始めたのが、一番小さいサイズになってしまった。・・・完成するだろう1ヵ月後までに、痩せるかアイロンがけ名人にならなければ。


#26_ツイードジャケット | 【2006-02-16(Thu) 23:50:16】 | Trackback:(0) | Comments:(9) | [編集]

次作の毛糸探し

久しぶりに「Gallery」にまとめていろいろUPしました。
去年の11月から大物をずーっと編むことが出来なかったので、今は大物を編みたい欲求が最高潮に達しています。早く毛糸を決めて編み出したい。
まずどーしても編んでみたいのが、phildar443春号の33ジャケット。この丸い縁に興味シンシンです。

phildar443-33.jpg<

これは「18m.X25rgs」のコットン・アクリル糸が使用されています。ジャケットにしても崩れにくくて、春にも着れる素材の「18m.X25rgs」の糸を探してますが、なかなかゲージが合いませんねえ。しょうがないので店頭で1玉買いしてスワッチを編んだりしてます。

yarn3.jpg

このミラノツィード1玉を買うのに、3日間手芸店に通って迷った貧乏根性の私。10玉袋買いするからには慎重に慎重を重ねて、滅多にしないスワッチのアイロンがけまでやってます。が、メーカーラベルのゲージとすら合わないなんてどういうこと?
本当は・・・

(1)ミラノツィード(40g100m/ウール68%コットン29%シルク3%)
 --5-7号針で20-21目X26-27段
(2)マジョラム(40g107m/メリノ68%キッドモヘア14%ナイロン10%)
 --6-7号針で20-21目X26-27段
(3)メリノ100(40g108m/メリノ100%)
 --5-6号針で23-25目X32-34段

なのです。(メリノ100はここ数年ずっと一緒にいるほどき糸)
もうやけになってきたので、ゲージ調整することにして一挙に通販しようかなー。(←大物編みたいうっぷんが本当にたまっている)
ちなみに20m.X28rgs.は前から編みたかったphildar425-23と一致するので、やはり(1)も(2)も両方袋買いするべき?

phildar425-23.jpg 


#26_ツイードジャケット | 【2006-02-12(Sun) 23:00:48】 | Trackback:(1) | Comments:(8) | [編集]

Grammy&Knitting Day

今日は代休をもぎとったので、WOWOWでグラミー賞を見ながら編みかけをFinish。
まずは朝に仕上がった、やっつけ仕事のぬくぬくセーター2006(と命名)から。

No.2704done.jpg
  • Pattern: phildar437-13(といってもいいのか?)
  • Yarn: リッチモア「モヘアグローバル」 total6.4玉で2,000Yen。(←sale品)
  • Needle: 10号針で15目X20段

これはですねえ、とにかくピチピチです。
もともと厚みのある編地が中味のボリューム感と相まって、相乗効果を醸し出します。着てナンボはパスでも良いですか??(いや、一応撮影はしたんですけれど・・・公開自粛。)
ただあったかさはお墨付き。この簡単ゆるゆるタートルは、もっとボリュームあっても良かった。
毛糸が1玉余ったので、いつか身頃のゴム編みの毛糸をちょんぎって、着丈伸ばしの実験をしたい1品。


続いては、危ない橋を渡って何とか日の目を見たene's cape。もうちょっとで闇に放むりさられるとこでした。いやー、危ない危ない。
ぎりぎり夕方に仕上がったので写真が暗いですが、本当はそれは美しい(派手な)黄緑色です。

enes cape05.jpg

  • Pattern: 「scarf style」よりene's scarfを原型をとどめないほど改造
  • Yarn: FILATURA DI CROSA(内藤商事) Soft Wool 4玉X760=3,000Yen
  • Needle: 6号針

えーといろいろごまかしているので、構造について聞かれると困るんですが、とりあえずサイズはぴったり。肩からあごまでをすっぽり覆うし、首元は2重に巻くことになるので穴あきでもあったかいです。あと構造上落ちてきにくいのがミソ。
ただ正しい手順で巻かないと(またはズレると)変てこな物体と化します。その辺は自由に巻けて、減らし目が美しいオリジナルのene's scarfは素晴らしいと再確認。



No24_s05 (2) No24_s04.jpg





#24_ene's cape | 【2006-02-09(Thu) 19:02:12】 | Trackback:(0) | Comments:(18) | [編集]

#25-2 An cold day

今日は1日氷点下の寒ーい日。こんな日はコタツでぬくぬく編み物が恋しい。

No.2703-01.jpg

今日の編み物的相棒は、東野圭吾の「白夜行」。(←もろドラマの影響)
どなたかの編み物バトンで見た、「本を読みながら編み物する」という編み物スタイルに目からウロコ。
今編んでいるのはひたすらメリヤスセーターなので、さっそくトライしてみたら、おっ、意外にいけますね。
ぶっとい文庫本も編み物もすらすら進みました。(ただ本がめくれないよう抑えるのに苦労。手元にあったフラ語辞書で挟みうちしてます)

本の方は、最初にドラマで結末を知ってしまっているので面白さ半減しちゃったなー、と後追い読書を後悔。何も知らずに読んでラストで驚いて、後味悪いのに妙に後引く余韻に浸りたかったなー。
ドラマの方は、4話で2人の軸が意外にブレはじめてイライラしちゃったので、早く心を決めて悪の道に邁進していって下さいませ。

と本流からズレましたが、編み物の方は現在袖待ち状態。

No.2703-01.jpg

このたっぷりタートルが暖かいので、寒い寒いこの時期に早く仕上げてしまわなくっちゃ。
最初は毛糸が足りないかもしれないし、とにかく伸びる糸だから、と小さめ小さめに編んでしまったのをこれまた後悔。(ゴム編み部が長いと腹巻に見える点も後悔・・・)
毛糸が1玉近く余りそうなので身頃をゆったりめに編み直したいんだけど、多分今年はこのまま着倒すことでしょう。だって寒いんですもん。

ちなみにたっぷりタートルは引き伸ばすとこんな感じ。

No.2703-02.jpg

じつはこのセーター、初心者用なのかまっすぐ編み終えた前・後ろ身頃に引き続き、タートル部を編んでいます。襟ぐりの減らし目カーブもないし、もちろん拾い目もなくて超簡単。
首元が詰まってあっくりするかと思いきや、着心地は普通のタートルと変わりませんでした。もうけ♪
さ、続きを編まなくちゃ!


#25_ぬくぬくセーター2006 | 【2006-02-05(Sun) 15:09:31】 | Trackback:(0) | Comments:(7) | [編集]

phildar441+443号到着

注文してから13日後、楽しみにしていたphildar春号がやってきた!

phildar441+443.jpg

443号は「今年の春はコレ1冊でも生きてけるわ」と思ったくらい、超好みな号。
先日の在庫糸棚卸直後は、「今年は春夏ものにあまり手を出さずに、大人しく在庫糸で冬物編んでよう」と反省したばかりなのに(←毎年思うがすぐに決心は崩れ去る)、ブライトなコットン糸でいろんなパターンの羽織ものをムショーに編みたくなりました。
ちなみに中味はここ↓で見れます。
http://www.phildar.fr/catalogues/catalogue-interactif.aspx

でもまだまだ寒くて冬糸から離れたくない私。今すぐ編んで着たいのは441号のコレです。

phildar441-09.jpg

これ、6種類の糸を組み合わせて編んであるんですが、代替糸の準備がヒジョーにムズカシイ。(ファーはダイヤ毛糸のマルチベルベっぽい)
こんな時には、おっきい毛糸屋さんで1玉1玉毛糸たちを吟味してお買い物するのがいいんでしょーねー。(遠征費用を考えると、外国から取り寄せた方が安くつきそうだ)
しばらくは毛糸探しで落ち着きのなくなるだろう3369でした。


■レビュー:books | 【2006-02-03(Fri) 22:02:24】 | Trackback:(0) | Comments:(4) | [編集]

Copyright © でたらめKnitting+@ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。