スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

#21-4 途中経過

something colorful、ある程度形になるまで公開は差し控えようと思っていたのだけど、間が空き過ぎるのでこの辺りで経過を1枚UP。

No.2104migoro.jpg

これは、袖ぐりから上をどうしようか決められなくて、先に両身頃の下部分を編んでみた図、です。
本当はキャミに小さな袖がついたようなミニ半袖が理想なのだけど、編み方がよくわからず迷いまくり。
やっと参考になりそうな編み図が見つかったので、とりあえず編んでみることにします。
でもモノになるかは不明だ・・・。


スポンサーサイト
#21_something colorfull | 【2005-08-29(Mon) 12:26:45】 | Trackback:(0) | Comments:(6) | [編集]

the latest issue Japanese & French knitting mags

タイトルのつづり、間違ってないかな。(←心配だけど調べるの面倒)
毛糸だま最新号を入手してウキウキして帰ってきたら、pildar最新号も届いてた!

book-2005autum.jpg

毛糸だま、読むとこたくさんあるなー。
まだ全部目を通してないけど、とりあえずコレが一番目を引きました。簡単なのにワザアリシルエットな不思議なマーガレット、今年の「素敵なニット 秋冬(だったっけ)」の表紙もこんなニットですよね。
私はかぎが苦手なので、モチーフをやめてカラフルうねうねで袖~後ろ身頃を編みたい。

book-2005keito.jpg

毛糸だま No.127(2005年秋号) (127)
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


表紙のニットデザイン:
兵頭良々子


マーガレットデザイン:
成川美千子

撮影:中島茂樹 姉崎正
伊藤ゆうじ 鈴木信雄 渡辺華菜


一方、phidar最新号は去年より若返って、モード色が強くなった。
春号の方が大人っぽくて好みだったな。(←まとめ買いしようと思って夏号が出るまで待ってたら、売り切れた・・・)
phildarはメリヤス編みか、同じ模様を繰り返す模様編みか、のどちらかのパターンが多い。
でもメリヤス編みでもゴム編み部分がすごく長かったり、普通のセーターなのに丸ヨークのように襟ぐりがぐるっと空いてたりして、シルエットがおしゃれです。
とりあえずすぐに編みたいのが左のボレロ。

book-2005phildar.jpg

これ、題名が「BOLERO KIMONO」。なんとこの号には、他に「KIMONO」とつくニットが3つくらいあるのですよ!(みんな袖と身頃を続けて編むパターン)
ちなみにphildarはこの辺りのサイトであらかじめ中味がぜーーんぶ見れます。

<今回のphildar入手メモ>
・ベルギーのお店で注文。
・本体5EURO+送料5EURO=10EURO。
・日本円換算で1400円。
・8/10送金→8/26到着。


■レビュー:books | 【2005-08-26(Fri) 23:31:46】 | Trackback:(1) | Comments:(10) | [編集]

Books Review

久しぶりに古本屋さんをチェックしたら、USED編み物本が大量投下されてました。
放出された方、わかってらっしゃる!

まずはマニアが泣いて喜びそうな、絶版本の紹介から。
ブランド「A/T」のデザイナー板倉慶ニさん(今は独立?)がデザインした、変てこニットが盛りだくさんの1冊です。
4529033007A/Tクリエイション・ニット―新感覚のフラットスタイル
日本ヴォーグ社 1999-10
おすすめ平均 star
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

・allデザイン:板倉慶ニ
・撮影:高橋仁己


テーマが「図形」というだけあって、四角や円形の形をした、着ることをあまり前提としていない、不思議なニットたち(←決して”セーター”とは呼べない)がいっぱい。
例えば、円形がテーマのコレは、かーなーりーユニーク。「Scarf style」の一番人気"ruffles"の巨大版か?
book-at2.jpg
あと見た目はフォークロア調でおしゃれだけど、重ね着するには重そうな実用性なさげなニットも、思わず編みたくなるかわいさ(でも実際には着ない)。この本、どの子を紹介しようかほんと迷う・・・。
book-at1.jpg


そして2冊目はコレ。
book-nakanoヒロミチ ナカノ セーターブック―女優 坂井真紀&デザイナー 中野裕通
日本ヴォーグ社 1995-09
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

・allデザイン:ヒロミチナカ
・撮影:恩田義則


図書館でも2回借りたことのある、ヒロミチナカノ本です。
この2つのニットが前々から好きなんだけど、なかなか編まないので、もう似合わなくなってきている(焦)。
book-nakano.jpg


最後は中級者ニッター向けの、ミセス本。
4277113702シックに着たい私のニット
雄鶏社 2003-08
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

・allデザイン:MOTOHIRO企画室
・撮影:半田広徳


この本、編み方がめちゃマニアックです。なんせ横編みのセーターが4つも載ってるくらいですから。
多分このまま編むことはないだろうけど、編み図は参考にさせていただく予定。
この本で気に入ったのは以下パターン。
book-sikku
マーガレットは、後ろのシルエットがもたついてる気がするけれど、私こういう縁の毛糸を変えてあるニットに弱いのですヨ。
さあ、冬糸さんが店頭に並ぶ日が待ちどおしくなってきた!


■レビュー:books | 【2005-08-22(Mon) 22:03:19】 | Trackback:(0) | Comments:(7) | [編集]

#21-3 モチ低下中

I don't have the motivations too much for this sweater.
Because...
 (1) My body is not as small as this sweater.
 (2) I failed in the arrangement of color. I like more green and less white.

No.2103zigzag.jpg

暑さのせいか、秋へのつなぎで編んでるせいか、はたまたゲージをちゃんととらずに始めたせいでサイズが狂っているからか、いまいちヤル気がないsomthing colorfulです。
配色もてきとーでございます。

うねうねスワッチの編地がぼこぼこだったので、今回はジグザグの方を採用。うねうねもジグザグもコンセプト(?)は対して変わらないと見ました。
でも実験気分で編んでいるので、行き先不安・・・。
phildar秋号が届いたら、即座にこの子を見捨てて新しい子に走ってしまいそうな予感がする今日この頃でした。


#21_something colorfull | 【2005-08-16(Tue) 18:45:29】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

#21-2 うねうねSwatch

うねうねカラフルスワッチを編み出したら、どこで止めていいかわからなくなった・・・。

No.2102swatch.jpg

う~む。
編地が少しぼこぼこなのと、透かし具合があまり好きじゃないかな。
このうねうねは好きだけど。

うねうねカラフルセーターは、「Vintage Knits」にこんなパターンがあるので、参考にしようと思ったのです。

book-vintageknits.jpg

0743224566Vintage Knits: 30 Exquisite Vintage-Inspired Patterns for Cardigans, Twin Sets, Crewnecks and More
Sarah Dallas Yesterknits

Fireside 2002-08-01
おすすめ平均

by G-Tools


ううむ、かわいい。
日本の藤編み使いのパターンは、編み始めはだいたいガーター編みで、裾はうねうねしたままのものが多くないですか?
しかも単色(または2色)や段染めものが多くて、配色で遊べるものがほとんどない。
私は「Vintage Knits」のように、うねうねはあくまで配色を楽しむために使って、裾や袖口はまっすぐなままの方が好きだなあ。

ただし「Vintage Knits」にはChartが全く載ってないので要注意。
出来上がりのバストサイズや高さは書いてあるけど、編み始めの幅は何cmなのかとか、袖に到達するまでの高さは何cmなのかとか、計算しないとわかりません。(←頼みのゲージも10cm単位じゃなくて、1模様が単位のものもある)
これではアレンジ大魔王の私は、とってもアレンジしにくいではないの・・・。

あと「Vintage」って50年代のことなのね。
そのせいか、どのパターンも肩幅がジャストサイズより若干大きめのような気がする。
60年代や70年代の「Vintage」本が出ないかな。


■レビュー:books | 【2005-08-13(Sat) 10:42:15】 | Trackback:(0) | Comments:(5) | [編集]

#21-1 something colorful

i want to knit a something colorful.
So i bought these yarns, but these colors are darker more than my expectation.(Especially the greens are dark.)

店頭に秋冬糸が並ぶまでの間、おとなしく在庫糸でちまちま小物でも編んでいようかと思っていたのですが、strikkerさんが本家本元のRainbow tankを編み出したのを見て、シマシマ好きの血が騒ぎ出してしまいました。

No.2101yarn.jpg

カラフルな毛糸を注文したのは良いけれど、この糸レース糸みたいに細いし(適合棒針3-4号とあったけど、1-2号が合いそうに見える)、色も思ったより暗い。(カエル緑じゃなくてもっと明るい緑にしとけば良かった)
ひさびさにネット通販で失敗したかな・・・。

ま、せっかくカラフル糸を購入したので、秋が来るまでの間しばらくこの子で遊ぶことにします。
最初はナナメ編みがいいかな?と思っていたけど、イラストを書いてみたら、うねうね編みやジグザグ編みでも面白そう。(←今回は着れる度<面白さ重視、です)

i simulated the combination of colors by illustration.

illust-green.gif

まずはうねうねとジグザグでスワッチ編み、かな。


■illust knits | 【2005-08-10(Wed) 12:40:02】 | Trackback:(0) | Comments:(1) | [編集]

うねうね方程式

毎日毎日あづい・・・。暑苦しいけれど、現在の私の通勤のお供はコレ。

small-neckwarmer.jpg

ene's scarfのスワッチ糸をほどいて、ネックウォーマーへリサイクル中。
この暑い中にネックウォーマーだなんて我ながらクレイジー・・・。でもこの糸ちくちくしないし、1玉で出来そうだから丁度良いかな?

コレ、よくある”藤編み”というやつ。かけ目と2目1度を同じ数ずつ繰り返すと、トータル目数は変わらないものの、うねうねが出てくるというヤツです。
かねがね「うねうねの数を増やしたり、うねうねの大きさを大きくしたら、果たして何目必要か」と疑問に思っていたので、その方程式を得るべく練習開始。
「とりあえず編んでみよう」と作り目したら、案の定目数計算を間違えていて、ほどいてやり直し。

その昔知能テストでよくあった、「図形の展開予想図」とか「多角体の面数予想」とか、数学パズル的な問題が苦手な私です。
3回目くらいでやっっと思い通りの、以下うねうね方程式を会得しました。やっぱり実際編んだ編地を見ないとわかんなかったワ。

note-scarap.gif

このうねうね方程式、今後活躍する予定。
最終目標は、うねうねなショールや、うねうねなカラフルプルオーバー、うねうね透け透けマーガレットなんかを編みたいのだ~。


■My Note | 【2005-08-08(Mon) 12:31:50】 | Trackback:(0) | Comments:(3) | [編集]

編み物本問い合わせレポⅡ

あ~つ~いいぃ~~。
この夏まっさかりに、ene's scarf着用写真は暑苦しい。新しい記事を書いて下げときます。

編み物本の画像掲載について、新たに2社から返事が来ました。
1社は日本ヴォーグ社さんで、もう1社はハマナカ リッチモア販売部さんから。
両社からとも、OKを頂きました!(*しかし掲載条件はもちろんある)
出版社の方々には、お忙しい中ご返事頂き、ありがとうございました。
以下に、まとめておきます。


“編み物本問い合わせレポⅡ”の続きを読む>>
■My Note | 【2005-08-05(Fri) 13:01:51】 | Trackback:(0) | Comments:(4) | [編集]

Copyright © でたらめKnitting+@ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。