スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Gallely UP

i added three latest my knits to the Gallery page.
There are new photoes and a few English (for oversea people).


ずっと更新しなきゃ、と思ってたGallelyに最新の3ニットをやっっっとこ追加。
この作業、時間が空くとけっこう面倒だけど(←たくさん文字を書く私が悪い)、後で見ると自分でも面白いので続けてます。

あと少数の外国の方々のために、(あやしげな)英語説明もちょっぴり追加しました。
以前韓国のKnitting blogに迷い込んだ時、ハングルだらけでarchiveを見ることも出来なかったのですよ~。
そんな時はほんの少しの英語がナビゲーションになるはず。英語圏の人はもとより、英語が少しわかる程度のアジア圏の人の役に立ったら嬉しい。

それに糸の写真も増やしています。
いろんな糸の情報が見れると嬉しいし、もっともっと日本の良い糸も発掘していきたいのだ。


スポンサーサイト
□HPメンテ | 【2005-05-29(Sun) 23:48:18】 | Trackback:(0) | Comments:(4) | [編集]

Books Review:おしゃれなマクラメ

こないだ紹介した「scarf style」に載っている、あじろショール(正しくは「LADY ELENOR ENTRELAC STOLE」)の変わりフリンジがとっても気になる今日この頃。
(*どんなフリンジかというと、ココで大きな写真が見れました。)

本のフリンジ解説には図が一切なくて、英語でズラズラ書いてあるもんだからさっぱり要領を得ません。
てきとーにフリンジ同志を結んでみても、イマイチだ・・・。
そこで確か図書館にあったなあ、とこんな本を借りてきました。
4529037398おしゃれなマクラメ―ベルトとバッグ
池田 初枝

日本ヴォーグ社 2002-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

book-makurame.jpg

・デザイン:池田初枝 熊嶋ミチ子 柿崎薫予 宇佐美悦子 ほか多数
・撮影:高橋仁己

そう、マクラメの技法で結び目がスマートに見える結び方を探せばいいのだ~。
左下のベルト、まさにあじろショールのフリンジとほぼ同じ形。ビンゴ!です。

この「おしゃれなマクラメ」という本、タイトルに「おしゃれ」とついている割りに本当にオシャレなベルトが載ってて、思わず革紐買って来てベルト編みたくなりました。
っていうか、多分明日革紐探しに行くと思う。
こうやって、どんどん脱線していくのか・・・。


■レビュー:books | 【2005-05-29(Sun) 02:39:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

#19-2 謎のかけ目

Luckyは後ろ身頃のラグラン部分にさしかかろうという所。
が、いまだClover模様のyo(かけ目)が上手に編めないのが困りものです。3つ穴の最初の穴がどーしても大きくなってしまうのだ~。

No.1902yo.jpg

「これ以上はきゅうきゅうにかけられないっっ」という意気込みでかけ目しているのに、私のかけ目はなぜか横広がりなクセ者。
本のゲージが「26sts×32rows」なのに、4号針で「24sts」にしかならない・・・。
「じゃ3号針で編もう。」と途中まで3号針で編んでいたら、いつのまにかゲージが「24sts×38rows」になってて、慌てて4号針に戻しました。
あ、そういえば引き返し編みの時も似たようなこと(=きゅうきゅうにしても緩んでしまう)を言ってたなあ。かけ目の仕方にクセがあるみたい。

Clover模様&ゲージが安定するまで前身頃禁止!(後ろ身頃はいいのか?)


#19_Lucky Clover Wrap | 【2005-05-26(Thu) 23:30:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

#19-1 Lucky start

5/13の日記に書いていた「stitch'n bitch Nation」からLucky clover race wrapを昨日の夜から編み始めました。

No.1901start.jpg

今回の使用糸はRowanの4ply cotton。じつはRowan糸デビューであります!パチパチ。
さーらーにー、英語パターンで編むのもはじめて。
私にとって、英語パターンはフランス語パターンより解読が難しい。単語はわかるのに意味がわからないんですよ。もどかしいったら(怒)。
でも先にLcukyを編んだayaさんのblogLucky clover Knit-Alongがあるので、何とかなることでしょう。

*このprojectでは「実録:英語解読はじめて物語」の連載も兼ねる予定。


#19_Lucky Clover Wrap | 【2005-05-22(Sun) 21:24:05】 | Trackback:(0) | Comments:(9) | [編集]

#17-3 マーガレット途中経過

キャミの合間にもちょこちょこ編んでいたマーガレット、いよいよ手持ちの6玉を使い切りました。
うーむ、思ったよりピンクなんだな・・・。こんなに面積があると、ちょっとしつこい。

No.1703harf.jpg

ただいまの長さは107cm。
幅は当初の予定の50cmを大きく割り込み、なぜか42cmなのだけど、これ以上幅があったら毛糸消費量がもっと増えていただろうので、まあいっか。(それにしても1玉25g制には大反対!1玉40gでも損した気になるというのに)

マーガレットといいつつ、土壇場でショールやポンチョに変更できるよう、ただひたすら長方形を編んでいるのだけど、そろそろ決めないとね~。

*パピーのゴルドで編むサマーポンチョ、かわいすぎる。(パピー本家に行くと、もっとおっきい写真が見れます)
http://www.masuzakiya.co.jp/kit02.htm


#17_涼風マーガレット | 【2005-05-19(Thu) 12:30:28】 | Trackback:(0) | Comments:(5) | [編集]

#18-6 シマシマキャミソール完

携帯カメラ、もしかしてピンボケ直った?粗が見えるから、こんな時に直らなくてもいいのに。

No.1806finish1.jpg

シマシマキャミソール一応完了。
最後のbandがうまくつけられなくて、何度かやり直し。(←ギャザーを寄せるのを途中で諦めている)
まだ右の肩紐がきつめでもう1回やり直ししようと思っていたけど、今日1日これ着て出かけてたら、丁度伸びてなじんできた。多分もうこのまま。
今回はフチの処理実験の一環で、(1)一目ゴム編みの細長いbandを編んでとじる (2)目を拾って2目ゴム編み の2種類をやってみたけれど、今度キャミを編む時は、フチは全てかぎ針で処理したい。

<ほか反省点&気付いたこと>
・裾はテキトーに目を拾ったら、拾いすぎた。おかでげ裾がぴろぴろだけど面倒なのでそのまま。
・ナナメ編みは2目ずつすくいとじする方法が一番いいような気がする。
・総重量200g。5玉使用?今度ナナメ編みするならば5色くらいでやりたい。
・後ろ身頃は前より1cmだけ高低差をつけたのだけど、3cmくらいの差をつけても良かった。

コットンコナで編んだニットは、着てみると思ったよりさわやかな着心地。湿度が低い初夏なら十分いけますね。
このキャミはかなり頑丈な作り&胸の空きを控えめにしたので、重ね着用より1枚で着ると丁度良いです。
問題は私の肩&二の腕がキャミ1枚着に耐えられるさわやかさではない、ってことくらい。(残業月間の4月にまた2kg太りました・・・)着てナンボの公開には大変抵抗があるのだけど、ナナメ編みは横から見た姿が面白いので、しぶしぶ写真UP。

No.1806finish2.jpg

さ、走ってくるか。


#18_シマシマキャミソール | 【2005-05-15(Sun) 17:16:11】 | Trackback:(0) | Comments:(25) | [編集]

次の夏ニット

サマータンクトップ&キャミ編みに挑戦してその厚さ(暑さ)にくじけたら、次に編みたくなるのは決まってカーディガン。
昨年に続いてどうやら今年もこのパターンを踏襲しそうです。
せっかくRebecca夏号のタンクをいくつか解読していたのに、涼しい夏糸と出会うまではお蔵入りだな。
ま、夏までに痩せるのは無理だろうから、いっか。

よって次に編みたいのは、「stitch'n bitch Nation」のLucky clover race wrap(左)と、「Vintage Knits」のシンプルなボレロ(右)。

book-scarf2.jpg

Lucky cloverの指定糸はRowanの4ply cotton。
Rowanの糸は、地方者には糸見本を見れるお店さえないので、色を選ぶのがヒジョーにムズカシイ。
似たゲージの日本の糸を使おうとも思ったけれど、結局今回は指定どおりの糸を使うことに決定。(おお、珍しい。)
ユニオンウールさんに問い合わせして、やっと色も決定。糸がくるのを楽しみに待ってよう。

---オマケ---
ROWANの4ply cottonの色比較しようと、写真求めてネット検索していて見つけたshopです。
韓国と中国のお店みたいだけど、両方とも日本の糸や雑誌が載っている所が面白い。

(中国のお店?)http://aibianzhi.com.cn/
(韓国のお店?)http://www.myknit.com

中国のお店、The Knitting Gardenさんにそっくりなんだけど、大丈夫なんだろうか・・・。


■編み物雑記 | 【2005-05-13(Fri) 22:32:04】 | Trackback:(0) | Comments:(1) | [編集]

amazonより「scarf style」他洋書3冊到着

久しぶりにamazonで本を注文。土曜の夜に注文して月曜に届くのだから、amazonさんエライ!

 (1)2,053yen
1931499543Scarf Style: Innovative to Traditional, 31 Inspirational Styles to Knit and Crochet
Pam Allen

Interweave Pr 2004-09-01
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(2)1,683yen
0743224566Vintage Knits: 30 Exquisite Vintage-Inspired Patterns for Cardigans, Twin Sets, Crewnecks and More
Sarah Dallas Yesterknits

Fireside 2002-08-01
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(3)1,491yen
0761135901Stitch 'n Bitch Nation
Debbie Stoller Adrienne Yan Karen Pearson

Workman Pub Co 2004-11-04
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


代引き手数料コミで合計5,487yen。
Rebecca大量到着以降、本を買い控えていたのに一気に買いすぎ。こんなに編めるほど手がないというのに。
でも結果は(1)Scarf Style だけでも3杯飯いけるくらいの満足度。他の2冊にまだじっくり目を通す余裕がないほどで、編みたいものが一気に増えました。

もともとはayaさん(byひがなちくちく All day stitchin')のluckyを見て、即効amazonに(3)stitch'n bitch Nationを注文。
この本、東京に行った時にちょうど手にとって見ていて、買おうかどうしようか迷っていたのです。
ついでに前から実物をぜひ見たかった(1)と、あちこちのblogで評判の良い(2)も同時に注文。
今回頼んだ3冊ともアタリで、外れナシでした。

(1)scarf styleだけでも、これらは編みたい。

・デザイン:左上から時計回りに・・・Jo Sharp/Pam Allen/Katheeen Power Johnson/Nancy Bush

左下のあじろショール、マフラーのようにざっくり巻いてあるのがかわいいぞ。
本当はもっと面白くてカラフルなscarfがいっぱいです。(Scarf Style Knit-Alongはココ


■レビュー:books | 【2005-05-09(Mon) 22:35:30】 | Trackback:(0) | Comments:(10) | [編集]

#18-5 bandをつけるべきか?

今日は涼しいので、放置しようとしていたシマシマキャミソールに再び触手を伸ばしました。

No.1805band.jpg

っていっても広げて写真とっただけ。この写真だと脇のとじ跡がガタガタなのがよくわかるなあ。
あ、色はとっても好みです。色は。

一応肩ストラップ~袖ぐりのbandを1本編んで仮どめまではしてみました。
ちゃんとキャミの形にはなったのだけど、この暑苦しさを無視して進むべきか、完成目前にしてお悩み中。ニットを広げては眺めるだけで、前に進めません。

糸がまだ残ってるし、小さな袖をつけて半袖セーターにしたらどうなる??(と悩みはまだまだ続く)


#18_シマシマキャミソール | 【2005-05-07(Sat) 00:05:38】 | Trackback:(0) | Comments:(7) | [編集]

#18-4 ナナメ編み反省会

シマシマキャミソール、パーツをとじたら重みがちょっと出てきた・・・。
いかにも暑そうなのにげんなりして、bandを編むのもとじはぎも中断中。
私の興味はもはや君にはなくてだね、今回の反省点をまとめ&次なるナナメ編み君に備えることに関心が移っているのだよ~。

<忘れないうちのナナメ編みMEMO>
・斜め編みは、脇のとじはぎがくっきり「とじました!」という感じになり、美しくなかった。
・配色を変える時は、最初の糸端を長めにとっておいて、とじはぎに利用したい。
・増やし目の方法は「渡り糸をすくってねじり目」だとツッパリ感あり。「かけ目+次段ねじり目」の方が良かった。「巻き増し目」説もあるけど、試してない。
・面倒なようでも、最初にゲージ方眼紙に製図した方が、角度と出来上がりサイズが予測できてラク。
・裾は「目を拾う+ゴム編み+ゴム編み止め」だと意外に面倒。ストライプが簡単だからといって、斜め編みを乱発しても後々面倒。


ちなみに以下はアバウトなナナメ編み製図です。ゲージ25目×32段で作成。
増やし目・減らし目と角度の備忘記録として、ここに残しておきます。(私の編み物ノートは修正がいっぱいで、どれが本物か本人にも不明なのだ)
ちなみに本に載っているような斜め編みパターンは、もっと細かく増やし目・減らし目を指定してあります。
↓コレは左右が線対称になってないので、このままじゃ使えません。(左右のサイズが少々違っても気にしない私はコレでいった)

No.1804cul.gif

*(2-2)と書いてある所は、本当は(1-1)で増やし&減らした。
*本来はストライプをもっと縦に起こしたかったので、(2-1)の増やし目部分を裾にするべきだった。


#18_シマシマキャミソール | 【2005-05-05(Thu) 20:02:53】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

#18-3 パーツ2ちょう上がり

GWでお休みが多いので、編み上がりいつもより早いぞー。

No.1803parts.jpg

とここまではいいのですよ。ここまでは。
問題は縁編みです。縁をどう処理しているのか、写真からだけではさっぱりわかりません。
最初は「テキトーでいいでしょ、テキトーで。」と思ったけれど、いざ縁編みのところまで来ると、やはり本のパターンが気になる。

本は『Knit.1』というアメリカの雑誌で、見よう見マネで編んでいるのはRainbow tankです。
Action Heroさんのblogを読んで(見て)いると、このパターンは本来は長方形を2枚編むみたい。
そしてbandを後から編んで綴じ付けている?

参考にしようと、数少ない手持ちの夏本からキャミ・ノースリーブパターンを探してみたら、以下のフチパターンがありました。
 (1)フチをこま編みで処理。
 (2)フチをバックこま編みで処理。
 (3)1目ゴム編みの細長いフチを編んで、とじつける。
 (4)フチから目を拾ってガーター編み&伏せ止め。

とりあえず(1)でやってみたけど、ギャザーがうまく出現しないし、まだぺろっとめくれやすい。
目下は(3)でやり直そうとしているところ。
GW中に仕上げるのは諦めたので、あとはゆっくりのんびりやってきます。
だってこんな肉厚なキャミソール、あんまり使えそうにないから!


#18_シマシマキャミソール | 【2005-05-04(Wed) 00:38:48】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

Copyright © でたらめKnitting+@ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。