スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

#15-1 Newプロジェクト 急遽スタート

毛糸屋さんのバーゲンに行って(30%OFF!ですことよ、奥さま)、手ぶらで帰ってこれるはずはなし。
本日はこちらをお持ち帰り。

No.1501yarn.jpg

・リッチモア カウント10グラデーション
・@840×12玉×30%OFF=7,056円
・スーパーキッドモヘア76% ナイロン24%
・1玉20g 200m
・2本どり7号で19目×28段

初春用の細めのキレイ色ストレートヤーンを買って帰るつもりが、買ったのはなぜだか段染めモヘアヤーン。
目を付けてた手触りの良いちくちくしないストレートヤーンは、よく見ると微妙な中間色ばかり。欲しかった緑色とか黄緑色とか濃い黄色がなかったのです。
いったんはそのまま帰ろうとドアを出かけたけど、30%OFFだから、と気を取り直してリッチモアのベストアイズコレクションを立ち読み。(←行く度に毎回同じ本を立ち読みしている)
そして目に留まったのがこのオーロラベストでした。

No.1501book.jpg

そうそう、コレずっっっっと前から「いいなあ」と思ってたんだった。
春でもベストやノースリとして着れそう、とカウント10購入決定。せっかくなのでツインニットが良かろうと12玉のお買い上げと相成りました。

このオーロラベスト、ほんとはラメ糸と引き揃えて2本どりで編んであります。
でも私は別にきらきら光ってなくても、この「鮮やかブルー~曇った夕暮れ」みたいなグラデーションだけで十分満足なので、この糸だけで編んでみる予定。

あーあ、春になったら編み物は少々控えてジョグへ行くつもりが、またまた番狂わせ。
マラソン大会は2週間後なのに、ジムへ走りにも行かないで、自宅直帰してカウント10を編み出した私でした。
でもこの糸、ほんとに美しい!


スポンサーサイト
#15_オーロラベスト | 【2005-02-27(Sun) 17:46:49】 | Trackback:(0) | Comments:(9) | [編集]

#12-9 I can't decide yarns for fringes

途中までつけたフリンジをいったん全部外しました。

No.1209-nofringe.jpg

細いループ糸をお店で発見できなかったので、雰囲気のあるスラブヤーン(パピーのロベルタフランケッティ)を、太い部分は割り糸しながらラムソフトと一緒につけてみたけど、やっぱり太い。
メリノウールの柔らかさもフリンジには似合わなかったです。もうちょっと硬めの細い糸が良さそう。

No.1209-fringeyarn.jpg

ちなみに最初にフリンジ糸の候補に買ったのは、リッチモアのタフト。
ぼこぼこ具合がかわいらしかろう、と思ったけどそのぼこぼこが引っかかってフリンジがきれいにつけられませんでした。(←毛糸を見る目ナシ)
これらの試し買い糸は、後ほど帽子&ネックウォーマーに変身させる予定。

まあフリンジのない状態でも一応着れるので、今シーズンはこのまま着て過ごそうかと思い始めました。
phildar春号を注文する時に、一緒に指定フリンジ糸STEPSも頼んでも良いし。
あとフリンジなしだとフツーなジャケットなので、明日からすぐにも会社に着て行っても大丈夫。
今日じつはこれを着て、毛糸屋さんのバーゲンに出かけましたが、コートなしでもあったかかったです。

その毛糸屋さんで聞いた話だと、ハマナカ ラムソフト 今秋廃盤になるかもしれないそうです。(ってここで書いてもいいんだろうか)
98年頃のハマナカ系編み物本では「軽くてちくちくしなくてオススメ!」とよく作品が載ってたのに、最近は手芸店でもその姿を2~3年見かけなかったし、もしやと思っていたら案の上。
来年は色だけ変えて、この糸でこのパターンでもう1枚編んでみたい、と思うくらい気に入っただけに残念。
やっぱりハマナカ・リッチモアは廃盤確率高し?


#12_ブークレジャケット | 【2005-02-27(Sun) 16:44:19】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

#12-8 poche

袖の続きは外で編めるからいいととして、自宅ではフリンジ作業に取りかかりました。
完成目前にして延々フリンジをつけるのはツライですから。先回り先回り。

No.1207poche2.jpg

えっと、フリンジの写真は先送りするとして(この糸でいいのかまだ半信半疑でつけてるから)、これはポケットが付いたところ。
写真ではよく見えないけど、ポケット上部は1目ゴム編みを編んでます。
全部裏目で縁編みとかした方がかわいいと思うんだけど、難しいことは徹底的に省いてますね、このパターンは。

最近うすうす気付いてきてるのですが、このジャケットはボタンを開けて着てはいけない。はじっこがくるくる丸まって大変なことになってしまう。
編地が柔らかくてちくちくしないので、薄手インナーの上に直接着ても大丈夫そうなのが救いかな。

糸が気に入っただけに、もっと明るい色で編めたら良かったのに。ざんねん。


#12_ブークレジャケット | 【2005-02-25(Fri) 00:20:39】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

#12-7 袖のカフスは・・・

あーあ、真っ直ぐ帰ってきてしまった。
そろそろ生活のバランスを「ジョグ>>>>>編み物(のんびり春物編み)」へ移行したいんですが、袖編みも佳境だし冬糸毛糸も残ってるし、あせあせ冬物編みからまだ足抜けできそうにありません。

これは、下で解読に苦労した割りに、じつはものすごーく簡単だった袖のカフス。

No.1207cuff.jpg

そう、単に表メリヤス+裏メリヤスだっただけ。
Fluffa!さん(*同じパターンを編んでいたblog)のカフスの拡大写真を見ると、「表+裏」のイージーな作りになってるとは思えなかったけれど、それは編み始めの裏メリヤスがやたらと丸まるから。
ちゃんと「I told you this yarn was a curler」とか書いてらっしゃったのに、ねえ。

解読さえ終われば、実際の袖編みはぐんと早い。
残るはフリンジをどうするか、です。うーん、どうしようか・・・。


#12_ブークレジャケット | 【2005-02-23(Wed) 20:12:21】 | Trackback:(0) | Comments:(6) | [編集]

French Lesson #1

袖の解読をしたついでに、フランス語のパターンの訳し方をやってみようという気になりました。
フランス語解読仲間をもっと増やしたい、という下心アリ!です。
ずらずら長いし、勘違いの記述もあると思いますが、興味のある方は読んでみて下さいませ。

以下は今編んでいるブークレジャケットの袖の編み方です。
基本は裏メリヤスですが、カフス部分の編み方がちょっと違う。

(1)カフスは真ん中で割れているので、まずは2つのサイズの袖口を編むような記述があります。

Monter 19m.
tric. en jersey pendant 10cm,puis mettre ttes les m. en attente sur 1aig. auxiliaire.
Monter 22m.
tric.en jersey pendant 10cm,puis faire 1 rg env. sur l'endr. sur ttes les m. sauf les 3 dernieres.
Reprendre les 19m. laissees en attente et les placer derriere le trav.
Tric.de la facon suivante:・・・


これを分解すると
Monter 19m.
19目作り目する
tric. en jersey pendant 10cm,
メリヤス編みを10cm編む
*「jersey endr.=表メリヤス編み」だけど、endr.がなくても表メリヤス編みらしい。
*「pendant 10cm」は裾とか袖口でよく使われる慣用句。

puis mettre ttes les m. en attente. sur 1aig. auxiliaire
次に全ての目を補助針(=ほつれどめか?)に置く
mettreもattenteも置くとか残すとかいう意味なので、休み目にするという意味にとった。
puis faire 1 rg env. sur l'endr. sur ttes les m. sauf les 3 dernieres.
次に表メリヤス編みの上に1段、最後の3目以外のすべての目を裏目で編む
*surの使い分け方が不明なので、つじつまの合わないところは見ないことにした。
Reprendre les 19m. laissees en attente et les placer derriere le trav.
19目を繰り返す・・・
*ここが最初不明だった。ガーター編み?とも思ったけど、最初に作った19目(=休み目になってる分)を針に移して「3目以外は裏目を編む」という行為を繰り返すという意味にとることにした。
Tric.de la facon suivante:・・・
次のようなやり方で編む・・・
この後にずらずらとフランス語が書いてあったけど、見知らぬ単語が続いて辞書を引くのが面倒でやめてしまった。
途中で「ens. a l'env.」という記述があったので(注:ens.=一緒に)、22目作り目した方と19目作り目した方の3目ずつを一緒に裏目で編む、と書いてあるはずだと推測。

<参考単語>
●monter=作り目
●m.=目
●tric.=編む
●jersey=メリヤス編み
●pendant=垂れ下がる
●puis=次に
●mettre=置く
●attente=休み目にする
●ttes=全ての
●rg=段
●env.=裏目
●reprendre=繰り返す
●sur=~の上に
●laissees=休み目?
●derriere=~の後ろに
●facon=やり方
●suivante=次の


(2)一段落すると、何目になっているか記述があります。この計算が合うと嬉しい。
On obtient:38m.
Cont. droit.
38目になる。まっすぐ編むのを続ける。
*22+19-3=38目。



(3)続いて袖ぐりの記述。フランス語の増やし目&減らし目の記述はわかりやすいと思う。
43cm de haut. tot., former l'arrondi en rab. de ch. cote

■French Lesson | 【2005-02-21(Mon) 12:45:17】 | Trackback:(0) | Comments:(8) | [編集]

#12-6 袖の解読終了!

袖の解読終了!
いつもは最初に編む袖を今回一番最後にしたのは、カフスの編み方がよくわからなかったから。でもわかってみると、ものすごーく簡単な編み方だったのかもしれない・・・。

そしてゲージが違いすぎるため、袖ぐりカーブの再計算も必要。
なるべく本のカーブに合わせたい私は、たた&たた夫さんの「ゲージ方眼紙」をまず本のゲージ(12目×18段)で印刷。そして自分のゲージ(18目×28段)も印刷しておきます。
まず本のゲージグラフにカーブを書き込んで、マジックで黒々と印をしてから、自分のゲージグラフを上に重ねてカーブを書き写します。
あとは2段ごとにブロックを書いて、ハイ出来上がり!

No.1206emman.jpg

たた&たた夫さんのハイテク技術に、私のローテクを融合したワザ使いです。ひじょーに大雑把だけど、こんなんでも着れるからいいんです。
たた&たた夫さんには、本当に大感謝!!


#12_ブークレジャケット | 【2005-02-20(Sun) 21:42:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

#12-5 身頃のとじはぎ中

まだ袖を編んでないけれど、身頃のつなぎに入ってます。
私は、”全パーツを編んだ後に最後に一気にとじはぎ派”ではなくて、”各パーツがあがり次第つないでいく派”です。
別にとじはぎがやりたくてしょうがない訳ではなくて、なるべく早く完成形に近い形をプレビューして、修正があればすぐにフィードバックしたいから。
編み直しの被害を最小限にとどめるための苦肉の策、って感じでしょーか。

でも今回は、肩のはぎを引き抜きはぎじゃなくて裏メリヤスはぎ(前回新しく買った基礎本にちゃんと載ってた)にしたから、もうほどきたくな~い。

No.1205epause.jpg

引き抜きはぎはすぐにほどけるけど、メリヤスはぎはほどくのが面倒っちいです。
裏メリヤスのニットって久しぶりに編んだけど、いつもの表メリヤスのとじはぎとは勝手が少し違うのでした。

なので襟の形が多少気に入らなくても(実際いまいち気に入らない)、今回は身頃の編み直しはガマン。シーズン終了も目の前なので、駆け込みで仕上げなければ。
肩下がり、もうちょっとナナメでも良かったなあ。うー、ガマンガマン。

No.1205encol.jpg

それでも襟の伏せ止めは出来ない私。しつこく試着してもういいや、って思えるまでこのまま寝かせておこうっと。
さ、次は袖!


#12_ブークレジャケット | 【2005-02-19(Sat) 01:20:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

#12-4 ブークレジャケット再開

編む物が常に手元にないと待ち時間が寂しいので、ブークレジャケット再開してます。
ちょっと間が空いたら、勘を取り戻すのに時間がかかってしまって、何度ほどいたことか。(写真撮影後も懲りずにまたほどいた)

No.1204parts.jpg

写真は、襟位置を決める前にいったんアイロンがけしてみた図、です。
このジャケット、襟元が空きすぎで少し寒そう。もうちょっと詰まった襟に変えてみたいんだけど、勝手なアレンジは危険?

他にも気になることはいろいろあって、これから着るには分厚すぎて季節外れになりそうとか、毛糸のグレー色と黒色のまじり具合が地味すぎるとか、実は着丈が長すぎるとか(Fluffy!さんの完成品を見て気付いたけど、時すでに遅し)、そんなことはこの際いいんです。

だってこの糸、ブークレ糸の割りにすごく編みやすくて、ほどきやすくて(←これ結構重要なのね)、何より手触りがイイ。
ラムウールの気持ち良さに癒されながら、のーんびり編んだりほどいたりしているのでした。


#12_ブークレジャケット | 【2005-02-13(Sun) 21:03:14】 | Trackback:(0) | Comments:(5) | [編集]

#14-1 毛糸の使い道に悩む

GALLERYにレッドバットマンとつばつきハットン2号の詳細をUPしました。でも何だか愚痴ばかり書いた気が。
そう、編み物シーズン終了に向けてラストスパートをかけなくちゃいけないのに、最近失敗つづきで燃え尽き気味なのでした。

それでも在庫毛糸は減っちゃあくれない。
せめて今年買った毛糸くらいは消耗しておかないといけないので、一応スワッチを編んでみたりはしています。

No.1401yarn.jpg

これはリッチモアの廃盤毛糸「モヘアグローバル」。キッドモヘア41%、ウール5%、綿37%、ナイロン17%の糸。12号棒針で、ゲージ「15目×23段」でした。
先にこの毛糸でハットン2号を編んだら、コットンが入っているか妙に伸びやすくって、予定していたカシュクールを編むのをやめようかどうしようか迷っているところ。

今まで果敢にカシュクール編みに挑戦してきた(*でも惨敗つづきの)経験から言うと、カシュクールの前は特に伸びやすい。この毛糸を使うのは危険かもしれません。
普通のセーターにしようか、この春流行らしいボレロにしようか、それとも伸び率を考えてヒジョーに小さいカシュクールにしようか、なかなか決められないでいます。

でも決まったら、編みあがるのは非常に早そう。とりあえず後ろ身頃に着手しようか・・・。


#14_キッドモヘアニット | 【2005-02-11(Fri) 21:37:20】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

#13-8 急ぎの完成報告

No.1309nanbo.jpg

よう~や~く、レッドバットマン完成!
バットマンは床に置いた感じと着た感じは別人28号なので、さきほど急遽(お風呂場で)撮影した着てナンボ写真で失礼します。

最後の方はちんたら編み直しするのにも飽きてきて、「何でこの毛糸リピートしたんだろう。ボリュームありすぎるし、毛羽立ちやすいし、ほどきにくいし、もうこの毛糸には当分触りたくない。」とグレかけ寸前。
だってほどく時、「むしっ」という音を発しますから。

そんな思いをしてまで編み直しして、変わった所といえば・・・
●丈伸ばし。バットマンさは薄れたけど、縦長化のおかげで見た目の着ぶくれ具合は軽減。
●肩は両方伏せ止めをやめて休み目同志の2目ゴム編みはぎにして、より目立たないはぎへ。(でも2目ゴム編みのはぎが上手に出来なかったので、劇的な効果はなし)
●後ろ身頃の肩下がりの傾斜を見本より緩やかにした。腕が上がりやすくなった。
●丈が伸びたので、前ボタン2つをやめてピンで留めることにした。ボタンホールはかがって失くしてしまった。

まあ、編み直し前よりは気に入りました。まだこれを着て外出してないので、不都合な点がおいおい出てくるかもしれません。
あとピンを買ってこなくっちゃ。(写真では、肩の休み目用のほつれどめを使用中)

具体的な感想はまた後日!


#13_レッドバットマン | 【2005-02-06(Sun) 22:11:59】 | Trackback:(0) | Comments:(5) | [編集]

#13-7 カミングアウト

レッドバットマンの一部ほどき&編み直し中につき、目新しい写真&ネタがありません。
そこでつなぎの話題として、phildarの見本写真をカミングアウト。

No.1307mihon.jpg

・phildar416号 Tendances Hiver04-05
・#14 GILET
 
phildarの弱点の1つが、各パターンの写真が1こしかないということ。
これ、前から見たらつなぎ目がわからなくて面白いけど、後ろ&真上から見たらつなぎ目バレます。一番いいアングルで撮ってる?
でもそれは編むまでわからなかったことで、最初はこの写真と、本に載ってた六角形な後ろ身頃&直線前身頃な形が結びつかなくて、「よっしゃ編んで見るか」という気にさせられました。
着用モデルの差や、糸の雰囲気・ゲージが違うので、私のバットマンはこんな仕上がりにはならないだろうけど。

<プチ情報>
phildar秋&冬号にはまだまだ編みたいものが山積みだけど、新しく出た春号も気になって妙にそわそわ。
こちらのオランダのサイトで、各パターンの大きな写真がUPされてて、中味がチェックできました。
(「Breien Knitting」→「phildar patronen」→「phildar dames patronen」→「425-Voorjaar」クリック)
「425-010」と「425-013」と「425-023」が気になる~。


#13_レッドバットマン | 【2005-02-02(Wed) 00:01:40】 | Trackback:(0) | Comments:(3) | [編集]

Copyright © でたらめKnitting+@ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。