スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ポンチョ・ストール・ケープ

いろいろなプロジェクトが行き詰まる中、今気になっているのがポンチョ風カーディガンまたは袖付きストールまたはケープのフリをした変形ストールです。

流行ってますよねー。
お店で変わった構造のニットがディスプレイされていると、「これはどういう作りになってるんだ?」と点検せずには素通りできない私。
当然、購買意欲アリと思われて店員さんに話しかけられるのですが、一般客のフリをして相槌を打ちつつ、必死に構造を頭にたたきこもうとするのが常なのでした。

気になっているからじゃあ編むのか?というと、以前特大ポンチョを延々編み続けた記憶がまだ生生しくあるので、手を出すかどうかは微妙なところ。

特大ポンチョはほんとに特大なくせに、袖とお腹がスースーします。これからポンチョを編もうと思っている人がいたら、セットでアームウォーマーと腹巻を編むことをぜひ推奨したい。
あとやはり袖付きの方が何かと使い勝手が良いですね。
今年編むとするならストールに袖が付いたようなカーディガンか、ケープとセーターがセットになった変わりツインニットがイイ。
以上、妄想ばかりが先行する秋の夜長でありました。

rebeccaの袖付きアランポンチョ。
文句なしにかわいい。使い勝手とか編む時間とか毛糸の値段を考えなければ、ほんとはコレ編みたい。

rebeccaのパターンの色違いはここで見れる。

Yahooオークションで「ポンチョ」を検索すると面白構造のニットが見れる。



これは去年編んだ特大ポンチョ。ファンシーヤーンで編んでいて柔らかい。でも特大すぎてバランス悪し。


スポンサーサイト
■編み物雑記 | 【2004-09-29(Wed) 23:41:40】 | Trackback:(0) | Comments:(6) | [編集]

段染め計画 難航

「3種類の段染め毛糸を同時に使う」という課題は思った以上に難題で、何を編んだら良いのか難航しております。

段染め毛糸といえばNORO Yarn。海外のサイトまでパターンを見に行ったら、この号の表紙のニットコートが良い感じ。
ジグザグインナーを自力で編もうとしてあっさり降参した私は、どうやって編んでいるのか興味シンシン。ニットデザイナーさんの経験と知恵が詰まった編み図をじっくり見てみたいです。
ジグザグ編みは縦横の伸縮性が少ないしっかりした編地になるし、厚みが少々出るのでインナーよりもニットコートのようなアウターによく合う編み方だと思う。(あとスカートにも合いそう)

で試しに、手持ちの白色毛糸と合わせて2種類のスワッチを編んでみたのだけれど、ご覧の通りの目がチカチカする有様。全身こんな柄のニットコートなんて着たくない。

zigzag-dan.jpg

段染め計画、難航というより難破状態に近いので、良い案が浮かぶまでしばらく寝かせておきます。
こうやって在庫毛糸が着々と増えてゆくんだな・・・。


■編み物雑記 | 【2004-09-27(Mon) 21:24:57】 | Trackback:(0) | Comments:(1) | [編集]

あじろな楕円バッグ(2)

試し編み中のあじろ編みのガーターバッグは、基本となる四角形が大きすぎたため、全体も一緒に膨張していてなかなか終わりません。試し編みなのになんて中途半端な大きさなんだ・・・。
040924-ajirotochu.jpg

今回は底部分は後からとじはぎしていますが、本来は編み進みながら自然ととじはぎ出来てしまうのがあじろ編みの粋なところ。
19日の記事のコメントで、とらのママさんがアドバイスしてくださったものをイラスト化してみました。(コメントのところに画像をUPできなかったので、こっちにUP)
急いで書いたので変てこ。でもわかりやすいように、クリックするとバカでかい画像が見れるようにしました。


書いてる途中で矢印を90度回転させたり反転させたりしながら、ようやくつじつまがあった(はず)。
とらのママさん、これで合ってますかー?

あじろ編みについては今秋いろんな本も出たし、輪編みで編むあじろな靴下の編み方も(ずっと前から)みほこさんから頂いているし、いつかコーナーをリニューアルしたいのです。
ですが編みたいものだらけに阻まれて、これがなかなか手を付けられないのだ・・・。


■My Note | 【2004-09-24(Fri) 22:45:28】 | Trackback:(0) | Comments:(10) | [編集]

衝動買い後の苦労

やってしまった。買ってしまった。
ええ、もちろん毛糸のことです。

私は休日の朝はおいしいパンを食べることに命をかけています。
いつも行く、クロワッサンが絶品な街の小さなパン屋さんがあるのですが、その2軒先が街の小さな毛糸屋さん。
そこに毛糸屋さんがあったことに1年気付かなかったくらい、ほんとに小さな毛糸屋さんで、今まで入ったことはなかったけれど、昨日はなぜかフラフラと吸い寄せられるように足を踏み入れたら・・・。

ありました。店頭にメーカー品の売れ残り安売り毛糸が。
すぐに目に付いたのが、段染めがきれいなダイヤ毛糸「アンジュ」という糸。カシミア10%入りだったし1玉200円だというので、残っていた9玉全部、ええ、速攻買いましたとも。

でも3玉+6玉だと思って買ったのが、よくよく見ると3玉+2玉+4玉。
6玉でベストが作れると思ってたのに、3パターンの段染め毛糸を組み合わせて、いったい何を作ったらいいの?
しかも段染めの色の移り変わり方が派手。何も暖色系に寒色(しかも黒)をまぜた段染めにしなくても・・・。

No.10-01yarn.jpg

まあ使うのが難しい色だからこそ、売れ残ったといえるので文句は言えません。
見るからに暖かそうな毛糸なので、小物に使うにはちょっともったいない。
でも大物を編むには糸が足りないし(よく見たら1玉30gで、毛糸の中にかさ水増しスポンジが入ってた・・・)、3パターンの段染めを緩衝してくれる白系毛糸を足して、編み込みにしようかなあとスワッチを編み始めました。

そう、これこそ私の編み物ライフの黄金パターン。
まずお手頃毛糸ありきで、この毛糸に合うパターンって何だ?と四苦八苦して編むモノを決めるという理由後付け型なのです。
いい加減このパターンを卒業して、自分の本当に欲しいモノ&編みたいモノを編めたいもんです。(←自分が悪い)

---ダイヤ毛糸「アンジュ」のミニリンク <私が買った品番=508/510/511>---
ユニオンウール(編地が見れる)
毛糸のプロショップポプラ(作品が見れる)
●加寿美(作品編地が見れる)


■レビュー:毛糸 | 【2004-09-23(Thu) 19:26:41】 | Trackback:(0) | Comments:(1) | [編集]

図書館クルーズ

ヒマヒマな連休最終日、お天気が良かったのでドライブがてら隣県の図書館まで行ってきました。
去年新築されたその図書館は広々しててキレイだと聞いてたのと、私が好きなきゆなはれるさんの本があったから。
あと出たばっかりの嶋田先生の本が借りられずに残っていることも事前チェックしてました。
図書館のインターネット検索は便利だー。

さてたどり着いた図書館は、美術館かと思わせるモダンな外観と、公園のように緑が贅沢に配されていて、思った以上に豪華。
田んぼの真ん中に建っていて、土地が有り余っているからかな?
建物の中も、天井の高さや一つ一つのイス・テーブルの配置に、異常なほどの空間スペースが確保されていて、居心地満点でございました。
中庭の緑を眺めながらゆったり座れるイスがあって、「ああ、ここに1日居ずっぱりで編み物してたい」とか思ったけど、さすがに恥ずかしくてそれは実行できず。

お目当ての本はコレ。
4277113397きゆなはれるの北欧ニット紀行―光と風を感じて
きゆな はれる

雄鶏社 1999-08
売り上げランキング : 315,391

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

表紙にもなってる左下の真っ赤なダブルのジャケットがかわいい。かわいすぎて自分に似合わないことは置いとくとして、きゆなさんならではの色彩Magicなニットの数々にお目にかかれます。

book-kiyuna.jpg
出版社: 雄鶏社 ISBN 4277113397 1999年

右上の写真は、色合いの美しさにフンパツしてカラーコピーしたニットの一つ。
リッチモアのソフファンタジーという毛糸の段染め具合がきれいです。それに編み込みをまぜようとするきゆなさんの配色も素敵さん。
昔の毛糸だまを見てると、この毛糸を使った作品がたまに出てきて「きれいだな」と思うけど、現在はとっくに廃版になってるみたいですね。
ハマナカ系って毛糸の廃版率高い?いつも廃版安売り毛糸をまとめ買いする私は、ハマナカの毛糸ばっかり使ってる気がします。

そんなケチケチニッターの私は、きゆなさんの作品は大好きだけれど、指定の糸を買えないので作品を編めたためしがないという・・・。(うーん、見事なオチだ)


■レビュー:books | 【2004-09-21(Tue) 21:45:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

夏糸消費作戦 ことごとく頓挫

秋のウール最適シーズンが来る前に、ひそかに私的夏糸消費キャンペーンを繰り広げていたのですが、どのプロジェクトも行き詰まってしまった・・・。

(1)金太郎用カーデ
金太郎カーブの減らし目を間違えていたことに気付いてストップ中。手抜きカーデのはずだったのに、ほどくのやだな・・・。
(2)色色ジグザグインナー
大柄ジグザグの適切目数を割り出すのが難しくて、何度も作り目からやり直し。夏物を編むにはスタートが遅くなったし、来期に回そうかな・・・。
(3)コットンバッグ
私の好きな「緑・黄緑・白」の3色トリオが使えるので、前に紹介した本「手編みのバッグ」ではなくて、下の写真の本「手編みにトライ」のモチーフバッグを3色で編もうと計画変更。
多色とコロンとした楕円形が気に入ったのです。

雄鶏社 「手編みにトライ!」 ISBN4-277-11355-9
2001年発行
デザイン:了戒加寿子 撮影:岡田誠

book-patti0.jpg

しかし私はかぎ針ができないので、モチーフ編みをあじろ編み(バスケット編み)で代替できないか?と苦肉の実験中。
広告の紙を切り貼りして、はぎ位置を確認&編み順を書きとめた後、illustratorで清書。
何とかなりそうと踏んで1つめのガーター編みを編んだのだけど、えらく時間がかかって、すぐに嫌気が差してしまった。細い夏糸でallガーターって無謀だった・・・。

ただせっかく編み順図を作ったので、ほんとにこれで「あじろな楕円バッグ」になれるのか、別の残り糸で試し編み中。
これ、別にあじろ編みじゃなくてもドミノ編みでもいいし、スクエアスワッチをいっぱい編んで、後でつないだっていいと思う。

でも「モチーフ(スワッチ)を1枚1枚編んで後でつなぐ」という編み方がどうも私の性には合わないみたい。
あじろ編みとドミノ編みを比べると、デザイン的にはドミノ編みの方が好き。でも編む方で言うと、糸を切らずに一気に編めるあじろの方が好き。
編んでいるうちにだんだん形になってきたり、「今日はここまで進んだら寝よう(←でも目標ポイントまできたら延長する)」とか思いながら編み進むのが、一番私の性に合う編み方みたいです。


■編み物雑記 | 【2004-09-19(Sun) 21:54:29】 | Trackback:(0) | Comments:(8) | [編集]

今シーズンの編み物本

今シーズン初の編み物本購入。
4277113796私のために編むデザイン・ニット
岡本 啓子

雄鶏社 2004-09
売り上げランキング : 54,149
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

book-okamoto.jpg

「私のために編むデザイン・ニット」
出版社: 雄鶏社 ISBN4-277-11379-6
all design: 岡本 啓子
撮影: 木寺 紀雄

見た途端買うことは頭の中で決定してたけど、毛糸追加注文時に一緒に買えばいいやと今までガマンしてました。でも昨日久々に在庫ぼあぼあ毛糸を引っ張り出してきたら、この本の表紙のニットコートが合いそうだな~と妄想展開スタート。今日のお昼休みに買ってきてしまった。

私的には編みたい作品が5つ以上ある、久々のヒット作。
一番編みたいのは、右上のカシュクールぼこぼこベスト。本には同じデザインで緑色カジュアル毛糸版も載ってて、これがまたgood。表がぼこぼこの模様編みで、裏がメリヤス編みなところも好みだ。
厚手のベストって、身頃はあったかいけど腕が寒くて苦手なのだけど、今シーズン絶対コイツを編む!

ニットコートって毛糸代いくらかかるんだろ?と思うといつも二の足を踏んでしまうのだけど、昨日のぼあぼあ毛糸を使えば在庫消費も兼ねられて一石二鳥。
いかにも柔らかそうな毛糸でこんなニットコートを編みたくなってしまった。

ほかにも上のニットジャケット&かぎ針のスカートや太ボーダーの白黒ベスト、ネックウォーマー、縄編みの丸ヨークセーターなどがなかなか好みな1冊でした。


■レビュー:books | 【2004-09-15(Wed) 22:47:43】 | Trackback:(0) | Comments:(6) | [編集]

ぼあぼあ毛糸にうっとり

「どんな本が入荷してるかな?」と会社近くの手芸店をパトロールするのが最近の日課になってます。
今日は毛糸売り場のレイアウトが変更されてました。棚にはまだ空き場所が多く、かわりにダンボールが山積み。「これからこの空いた場所に本格的に毛糸が並ぶんだなあ」とワクワクしてしまいました。

ええ、でももちろん私には先シーズン持越しの出番待ち毛糸たちがわんさか控えてて、これ以上新しい子をもらってくる余裕はない!ないのだけど・・・。

新しく並んでたクロバーの毛糸がふわふわ柔らかで、その前から張り付いて離れられなくなりました。
(クロバーって今まで毛糸も発売してた?新発売か?)
控えめな段染めのニュアンスのある色合いの糸で、薄ブルーや薄ワインピンクや抹茶色が、派手すぎず地味すぎず大変好み。うちに大量に在庫があるぼあぼあ毛糸に似た風合です。
素材はアクリル58%ウール25%ナイロン17%で軽い。40g144m糸長だそう。(でも毛玉になりやすそうで、丁寧に洗濯しないとちぢみそうだ)

さんざんべたべた触ったり、裏返してラベルを見たり、首にあててチクチクチェックしたり、違う色同志を並べて色合わせを試したりして、帰ってきました。
ごめんなさい、店員さん。
でもまだまだこれからも通い続けて、挙動不審な動作を繰り返します。だって会社から車で3分の距離なんですもの・・・。
今日は誘惑を退けたけど、この誘惑には近いうちに屈してしまうだろうな。きっと。

za040914.jpg
これはうちにあるぼあぼあ毛糸のアップ画像。クロバーの毛糸と違って地味色トリオなのだ。


■編み物雑記 | 【2004-09-14(Tue) 22:36:32】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ジグザグ編みの研究(2)

昨日は本屋さんで編み物本を片っ端から立ち読みしてたら、なんと今年の新刊3冊でジグザグ編み(仮名)のセーターを発見。
ハマナカの新発売の段染め毛糸を使っていて、段染めを際立たせるために編んでみた、という感じ。
えー、もったいない。多色(または2色)ジグザグにすれば、組み合わせ自由自在で面白いのに。
ちなみにPIERROTさんのホームページでもセーター編み図を発見しました。興味のある方は要チェック。

というわけで(?)、なつきさんのアドバイスを元にふたたびスワッチ編み。
前回は、減らし目部分を三目一度(真ん中が上)に編んでました。
今回は、右上二目一度と左上二目一度で減らしてます。

zigzag2.jpg

縦線が消えた~。
前回の編み方は、縦線が走るようにわざわざデザインされてたもよう。
このジグザグ編みは、かけ目で増やし目し、二目一度か三目一度で減らし目して、合計の目数が変わらなければ、あとはアレンジを少々加えてもいいんだな、きっと。

あと今回の編み方は縦線のかわりに分け目がつくので、スワッチ上部分で右上二目一度と左上二目一度の間に表目を加えてみました。こっちの方が分け目は目立たないかな?
ちなみに右上二目一度と左上二目一度を逆の順番で編むと、Action Heroのgalleryのペチコートトップスみたいに2目の縦線が走ります。

そしてスワッチ下部分は、ジグザグを解消して真っ直ぐ終われるかどうかの実験。(多色ジグザグを編むのが目的なので、縁のギザギザは別になくてもいい)
作り目をほどいて同じ模様を6段編んだのですが、増やし目と減らし目の位置を逆に配置しています。
ん?ちょっと引きつってるけど、真っ直ぐっぽい終わり方と言えない事もない。
あとは続けて(ゲージ調整した)ゴム編みを編めば、何とかなりそうな感じ。
よし、色色インナーの行く末が見えてきた!


■My Note | 【2004-09-12(Sun) 10:06:55】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

ジグザグ編みの研究(1)

za040909.jpg

前々から気になっていた、ジグザグの模様編みスワッチを編んでみました。
かぎ針ニストならジグザグ模様はお手のものだろうけど、あくまで棒針ニストの私は、「棒針でどこまで出来る?ジグザグ編み(五七五調)」を次なる研究課題にすることに。

この模様編みは、とある編み物本でジグザグセーターを見て以来、ずっと気になっていた編み方で、編み図のコピーをとってありました。
普通の模様編み集の本にも載ってるし、有名な編み方みたい。(名前ないんかな?)

細かく色を変えて編めば多色ジグザグがとっても簡単に編めるのだけど、真ん中に縦線が入るところがあまり好きじゃない。
でもRebeccaに載ってた大柄ジグザグのワンピースやペチコートトップスはイイ感じ。
ワンピースはここ(Fo KNITs)のニッターさんが編み始めていて、大きい写真が見れます。
トップスはここ(Action Heroのgallery)で完成した後の大きな写真が見れます。

あと私お気に入りのblog「Woolflowers」さんの日記に載ってたジグザグ編みも気にかかります。(5/17の日記参照)
明らかに棒針で編んである(多分ガーター編み)けど、真ん中に線が走ってなくてジグザグがきれい。

ジグザグ編みの研究、しばらく続きます。


■My Note | 【2004-09-09(Thu) 23:50:56】 | Trackback:(0) | Comments:(5) | [編集]

bagの本レビュー

そろそろ秋冬用の編み物本が本屋にも並びはじめて、ニッターの皆様はそわそわし出してますね。
私も去年のウール毛糸たちと再会したいのはヤマヤマですが、残った夏糸たちを少しでも片付けとかないと、心残りで冬モノへ移行できません。
ネット注文時に、送料や振込手数料を無料にすべく一定額まで買い込んだのが敗因かな。
アレですね、デパートの駐車料金を無料にしようと不要なものに手を出すのと同じパターンだ。

さて夏糸消費大作戦の次なるターゲットは、頓挫中の「#8 2色ニット」のコットン糸をほどいて、bagへリサイクルできないものか?ということ。
バッグについてはいつも眺める一方の、大好きな1冊があるのでご紹介。
(丁度図書館から借りてたパピー本と一緒に写真撮影してます)

(1)「手編みのバッグ」
4579108310手編みのバッグ
村林 和子

文化出版局 2000-10
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(2)「パピー発 手編みの小物たち」
4072405728パピー発 手編みの小物たち
赤星 末利子

日本タクソン 2003-09
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本、どの写真を載せようか迷うくらい、トートバッグや斜めがけバッグ、かぎ針モチーフバッグなど揃いも揃ってかわいらしい!。バッグに混じって毛糸やボタンのアップ写真が配されているのも美しくて、写真集のよう。もちろん中の説明も丁寧です。

あー、何を編もう~。


■レビュー:books | 【2004-09-07(Tue) 20:47:01】 | Trackback:(0) | Comments:(4) | [編集]

芋づる式編み物blogリンク作成中

色色カーディガンの仕上げとともに、無事引越し完了。
引越し先でやりたかったことの1つが、「サイドバーに編み物blogリンクを付ける」というもので、おいおいリンクを追加してます。

海外の編み物blogを見てまわるようになって思ったのが、ある国のblogを1つ見つけると、あとはリンクをたどれば芋づる式にその国の編み物サイトを見て回れて便利だということ。
フランスの雑誌「phildar」ドイツの雑誌「rebecca」にあこがれる私は、「tricot」と「stricken」と「blog」の3つの言葉を便りに根性で検索しては、1つのblogから他のblogへと渡り歩いておりました。

同じように日本の編み物blogも芋づる式に見れたら便利。
他に編み物日記リンク・羊blogリンクはこっちにもあります。
●てつむぎのーと http://d.hatena.ne.jp/lum403/19800215
●手仕事日記 http://tabitha.seesaa.net/article/185687.html
●ん?つながってる http://i-know.jp/fiberartone/

ついでによく見に行く海外blogもリンク中ですが、基本的に無断リンクなので、いつリンク元を逆探知されるか少しびくびく(わくわく)してたりして。
とりあえず海外の人が見に来てもわかるように、メニューを英語チックに改造しております。
海外の人々も芋づる式にJapanese Knitting blogsを回るようになるかも?


□HPメンテ | 【2004-09-06(Mon) 22:02:37】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

#9-11 色色カーディガン 完

色色カーディガン、仕上がりました!!
っていってもまだボタンがついてませんが。
今回はどーしても緑色のスケルトンなボタンを付けたいのです。
でも探すとないもの。手芸店を2つ回っても見つからなかったので、どうしようかな・・・。

そんなボタンなし状態だけど、さっそく今日はこれ着てスーパーへ食料買い出しにGO。今日は25~26℃くらい?Tシャツの上に着ると暑すぎず寒すぎず丁度良かった。
編んですぐ着れるって良いなあ(しみじみ)。

色色カーディガンの最終レポートをUPしようと、過去の日記を見ていたら、身頃と袖を編むのは結構早かったのに、前立から仕上げまでに1ヶ月もかかってる!
いつもなら嫌気が差しそうなものなのに、今回は不思議とやり直しの時もヤケを起こさず楽しくできたのが不思議です。癒し系な緑色配色のおかげ?

でもそれも襟を編み終えるまでのこと。襟がついたら一気にいやになりました(涙)。
ただど~しても気に入らなければ、毛糸を買い足してもう一度襟を編めばいいんだし、と開き直ってお開きにすることにしました。これでも十分着れるし、直しだってその気になれば1日で出来るはず。

色色カーディガンの最終レポートはこっちに上げときました。少しおっきい写真とさらなるブツクサが見たい方はどうぞ。
No.9_02.jpg
*これは急遽自分自身で撮影した「着てナンボ」



#9_色色カーディガン | 【2004-09-05(Sun) 17:25:30】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

#9-10 襟完了・・・していいのか?



身頃&袖の上部編み直し&前立の編み直しをへて、2回目トライバージョンの襟が付きました。
2回目は気分を変えて、身頃から目を拾って襟を編んでみました。こっちの方がつなぎ目はきれいかな。
ここ数日は気の抜けない部分の作業ばかりだったので、ネットはやめてテレビを聞きながらの集中作業。昨日買ってきたハリー・ポッター5巻にも手を付けずに、こっちを集中して仕上げました。

がしかーし、こんなに遠回りした割に出来はイマイチ気に入らない。
前回開きすぎだった襟ぐりの空きは、身頃を編み足し+襟のきつきつ拾い目のおかげで大分締まりが良くなって、これはOK。
気に入らないのは襟の形。
いろんな編み物本を見ては、横長の台形を逆さまにした形が良さげだったので、マネしてみたのだけれど思った襟にはなってくれなかった。
やはりつまみ食い製図(*カーブだけ製図して、あとはいろんな本からのサイズ借用)は良くないのね・・・。

でも緑色の毛糸をすべて使い果たし、襟もすでにアイロンがけしてしまった後なので、もう後戻り出来ず。
仕方ないので後は進むしかなさそうです。

残りは袖の2目ゴム編みと糸始末とボタン選び!


#9_色色カーディガン | 【2004-09-02(Thu) 12:09:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © でたらめKnitting+@ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。