スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

#9-11 色色カーディガン 完

色色カーディガン、仕上がりました!!
っていってもまだボタンがついてませんが。
今回はどーしても緑色のスケルトンなボタンを付けたいのです。
でも探すとないもの。手芸店を2つ回っても見つからなかったので、どうしようかな・・・。

そんなボタンなし状態だけど、さっそく今日はこれ着てスーパーへ食料買い出しにGO。今日は25~26℃くらい?Tシャツの上に着ると暑すぎず寒すぎず丁度良かった。
編んですぐ着れるって良いなあ(しみじみ)。

色色カーディガンの最終レポートをUPしようと、過去の日記を見ていたら、身頃と袖を編むのは結構早かったのに、前立から仕上げまでに1ヶ月もかかってる!
いつもなら嫌気が差しそうなものなのに、今回は不思議とやり直しの時もヤケを起こさず楽しくできたのが不思議です。癒し系な緑色配色のおかげ?

でもそれも襟を編み終えるまでのこと。襟がついたら一気にいやになりました(涙)。
ただど~しても気に入らなければ、毛糸を買い足してもう一度襟を編めばいいんだし、と開き直ってお開きにすることにしました。これでも十分着れるし、直しだってその気になれば1日で出来るはず。

色色カーディガンの最終レポートはこっちに上げときました。少しおっきい写真とさらなるブツクサが見たい方はどうぞ。
No.9_02.jpg
*これは急遽自分自身で撮影した「着てナンボ」



スポンサーサイト
#9_色色カーディガン | 【2004-09-05(Sun) 17:25:30】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

#9-10 襟完了・・・していいのか?



身頃&袖の上部編み直し&前立の編み直しをへて、2回目トライバージョンの襟が付きました。
2回目は気分を変えて、身頃から目を拾って襟を編んでみました。こっちの方がつなぎ目はきれいかな。
ここ数日は気の抜けない部分の作業ばかりだったので、ネットはやめてテレビを聞きながらの集中作業。昨日買ってきたハリー・ポッター5巻にも手を付けずに、こっちを集中して仕上げました。

がしかーし、こんなに遠回りした割に出来はイマイチ気に入らない。
前回開きすぎだった襟ぐりの空きは、身頃を編み足し+襟のきつきつ拾い目のおかげで大分締まりが良くなって、これはOK。
気に入らないのは襟の形。
いろんな編み物本を見ては、横長の台形を逆さまにした形が良さげだったので、マネしてみたのだけれど思った襟にはなってくれなかった。
やはりつまみ食い製図(*カーブだけ製図して、あとはいろんな本からのサイズ借用)は良くないのね・・・。

でも緑色の毛糸をすべて使い果たし、襟もすでにアイロンがけしてしまった後なので、もう後戻り出来ず。
仕方ないので後は進むしかなさそうです。

残りは袖の2目ゴム編みと糸始末とボタン選び!


#9_色色カーディガン | 【2004-09-02(Thu) 12:09:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

#9-9 襟の状況報告


えっと、更新の間が空いてしまいました。理由はいろいろあって、



(1)出張に行ってたり

(2)出張に乗じてご当地おいしいもの&温泉めぐりしてたり

(3)そろそろ更新でもするか、と思った時にはNewsHandlerが死んでたり

(4)細々と編んでた襟を終えてゴム編みどめに入る前に試着したらどうしても気に入らなくて襟が振り出しに戻ったり



してたからです。

最後の(4)は一気に読むと息切れしますが、実際はだらだらだらだら編んでた襟をとうとうやり直ししようと決めて、現在放心状態。

襟の先っぽの形だけ既製服を真似てもうまくいかないのね・・・。せっかく面倒な引き返し編みを、セーターの肩下がりと左右逆バージョンでやってみたのに。

さらに襟ぐりが開きすぎてるのも気がかりなのです。編む前に気付いても良さそうなもんだけど、「何とかなるかな?」という根拠のない読みで最後まで編んでしまった。



今回は襟についてはいろいろ(文句を)言いたいことが出てきたので、もうちょっと試行錯誤してから襟特集やってみようかと思います。


#9_色色カーディガン | 【2004-08-16(Mon) 22:36:03】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

#9-8 とじ・とめ・前立

毎日毎日あっっついです。それもそのはず、だってもう8月。

まさか自分がこんな季節までせっせと編み物してるとは思わんかったです。私は外出先でも隙あらば編み物する人間なのですが、さすがにこの時期は周囲の暑苦しさ度を200%上げてしまうので、人前での編み物は自粛中。



そんなワケで進みがのろくなった色色カーディガンは、現在とじ・とめ・前立へとさしかかってます。

仮とじでは増やし目部分が小穴が開いたように目立って見えたので、いつもの半目内側すくいとじを1目内側に変更。ところによっては1.5目内側をとじてたような気もするけど、気、気のせいかな?



おかげで袖試着時はフィット感出現。これはこれで望みどおり。ただし着心地は暑い。「サマーカーディガン」を名乗ってはいけないくらい暑いような気がする。

まあ夏の次には秋が来るのだし、これも大した問題ではないということにしておこう。




で裾のゴム編み部分。

ここは緑色にする予定だったけど、残り毛糸の具合から水色に変更。

パイピングが好きな私としてはこれは痛い。

縁どりの差し色が利いたカーディガンやジップアップニットって好きなのだけれど、いまだ編めた試しがありません。パイピングニット、また先送りかー。



そして現在は苦手な前立の真っ最中。

今回のゲージが30目×38段だけど、いつも前立がきつきつなので「38段ごとに31目拾う」というルールに基づいて拾い目してみました。

4~5目拾ったら1目休んで、38段トータルで31目拾えてればいいや、っていうアバウトさだけど、いつもよりは神経使ってます。

さあ、これで私も前立名人になれるかどうか?

結果はまた後日ということで。


#9_色色カーディガン | 【2004-08-03(Tue) 12:23:28】 | Trackback:(1) | Comments:(0) | [編集]

#9-7 サマーカーディガンの袖幅

前回の予言(?)どおり、袖を途中までほどいて編み直ししてます。

夏糸ってほどき糸の復活はもしかして無理?

ぬるま湯に浸して乾かしたのだけど、相変わらず糸がくるんくるん状態で、編地にすき間が出来やすいです。失敗したー。

アイロンがけと完成後の洗濯でなじんでくれることを期待。

編み直し後の最大袖幅は32cm。

これは「いつか編みたいニットたち:#2夏用ツインニット」のカーディガンと同じサイズです。本を見て最初は「細すぎかな?」と思ったけど、薄手のサマーカーディガンなのでこれでもイケるみたいです。

夏物と冬物ってサイズがこんなに違うんですねー。勉強になりました。(*この後いろんな本を見たら、冬物でも袖幅32cmって結構ありました・・・)

でもきつきつすぎないかおっかなびっくりで、渋滞中の車中で編みつつ、時々腕に袖を巻きつけてはサイズチェックしてました。対面車の人はビックリ?



*ちなみに私は標準体型な骨太さんで、筋肉と脂肪が融合された腕を持ってます(涙)。


#9_色色カーディガン | 【2004-07-24(Sat) 12:24:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

#9-6 仮とじ&仮試着


片袖が編み上がってます。

早く出来上がりのイメージを掴みたくて、速攻仮とじつけ&仮試着。

・・・袖まわりがちょい広かった?

汗しみを気にしないよう、脇の下に余裕があるほうがいいかな?と袖幅やや大きめにとったけど、最近の洋服は体にフィットするものが主流なので、このノンフィット感に少々違和感あり。



じつは袖と身頃をとじる時に、袖の端目を1目途中で落としてたのに気が付いて誤魔化してもいたので、2つ重なった難点に「ほどきたい病」が発病中。

「大は小を兼ねるのだ~」と自分に言い聞かせていますが、追加毛糸が届くまでの時間待ちの間に、編み直しはじめそうな予感。



あと気になるのが、とじ部分のアラが冬糸よりも目立つような気がする。増やし目のところが、小穴が開くのですよ~。今回はうちの外で着るのが目的なので「仕上げは手を抜かない!急がない!」が課題の1つだったのに。

基礎本を引っ張り出してきて、もう一度とじ付けやり直ししようかなあ。



もちろん今回の最大の課題は「襟付き」なところ。

襟をつけてみて具合が悪かったら、身頃・袖のカーブが変わってくる可能性があるので、黄緑の糸を残していたり、とじ糸の両端をすぐにほどけるようにしてあったり、編み直しの体制は整えてあります。

「いかにラクして編み直しするか」を念頭に置いてとじつけする、編み直しのプロなわたくしでした。



#9_色色カーディガン | 【2004-07-18(Sun) 20:06:32】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

#9-5 1つめの袖途中


現在1つめの袖を編んでます。

手持ちの毛糸が順調になくなりつつあって、追加購入は避けられことが確定。

心配した通り、黄色の消耗がいちばん激しい。

途中で袖の目数を減らしたにも関わらず、ごらんの通りの糸の残り具合で、結局最後の1段が足りずに、スワッチをほどいて糸をつぎ足す羽目に。

最後の1段だけ足さなきゃいけないなんて、よっぽど普段の行いが悪いんでしょーか。



でもどっちみち黄色とブルーは(水色も?)買い足し決定。

全色1玉ずつ追加して、インナーを編んで色色ツインニットにしようかな?と開き直りつつある今日この頃でした。


#9_色色カーディガン | 【2004-07-15(Thu) 12:33:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

#9-4 前身頃の途中


写真がなかなか撮れなくてUPできなかったけど、前身頃ここまできてます。

襟のカーブは自力で書いたので、編み直しの可能性なきにしもあらず。黄緑の糸は長目に残してあります。編み物ライフの中で自然と身に付いた、生活の知恵ってやつっすね。



今回の「多色」は実は目的ではなく、飽きずに編むための手段。狙いは成功してここまでなかなか楽しく編めてます。

問題はここから。

今回の目的は「自分サイズのコンパクトカーディガンを編む」ということ。そう、色合いよりもシルエットが重要!なのです。

あと夏のバーゲンめぐりでもめぐりあえなかった”襟付きカーディガン”をぜひぜひやってみたい。一番上のボタンを外すとジャケットのような襟になるのが理想。



夏は暑いし汗をかくしクリーニング代もかさばるので、お客さんの前に出る時以外は、なるべくジャケットは着たくない。

ジャケット代わりになる”きちんとカーディガン”があればいいなあ、と常々思っていたのです。

冬は冬で、ニットはあたたかいし動きやすいし、襟付ききちんとカーディガンが編めればやはり便利。

自分の思う通りの形が編めるようになれば、色や素材を変えていろんなパターンで編んでみたいアイテムなのです。

(*袖がラグランになってるのは、ラグラン大好きで隙あらば片っ端からラグランにしてしまう癖があるから)



でもうまいこといくんでしょーか?編んでみないことにはわかんないな。不安だ・・・。





#9_色色カーディガン | 【2004-07-11(Sun) 21:02:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

#9-3 全色出揃う


とうとう全色が出揃いました。っていうか後ろ身頃が完成!

細めの糸なのにかなーりハイペースな進行具合です。

これもひとえに日曜だというのに、暑さのせいで何もする気がおきなくて、クーラーのきいた部屋でボーッと編んでたおかげですかねー。(座りっぱなしだったせいで本日お尻が痛かった・・・)



さて、出来上がった後ろ身頃をまじまじと見てみると、「はて、私が編みたかったのってこれだっけ?」と頭の中を???が駆け巡ったりしますが、さすがにここまできてほどくほど無体な行為もできず、配色はこれで決定。

次なる心配事は「いかに糸の買い足しを最小限度にとどめるか」に移っています。



ダイヤ・ソフィーヌ・ミディは40g168mと糸長長めで、ブルー系2色は買い足ししなくてもぎりぎり足りそう。足りない場合は、裾や袖が妙に短い仕上がりになる危険性をはらんでもいて、最後まで目が離せません。

一番使いまわしにくくて早く使い切りたかった黄色は、色色カーディガンに無理やりねじ込み配色したものの、真ん中に配色したせいで買い足し毛糸の筆頭候補になってしまった。何しろラグラン袖の広い部分が控えてるので。しまった・・・。

緑色は好きな色なので、買い足しして余っても喜んで使いまわしするんだけど。



これからは残り毛糸にハラハラしながらの編み物ライフになりそう。こんなことならもう1色配色に加えとけば良かったなー。

<今回の教訓>

オリジナルの多色づかいのニットを編む時は、毛糸の購入数を意識して配色すること!


#9_色色カーディガン | 【2004-07-05(Mon) 22:41:20】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

#9-2 配色の悩み


色色カーディガン、意外に進んでます。

編みはじめてすぐにゲージ修正が入って、ほどいて絡まって解きほぐして編み直ししたりなどしていたのだけど、後ろ身頃も残り半分というところ。



最終ゲージは30目×38段でした。

本番はゆるまないようテンションきつめに編んでしまうのです。それなのに編み目が揃わないったら(怒)。

甘拠りで糸割れするし引っ掛けやすいし、この糸もやっぱり編みにくいいい。

ただこの編地がなー。さらさらなんだよなー。

はじめて涼しいサマーニットを編んでるかもしれないので、編みにくいのもガマンガマン。まるで精神修行のよう。

修行を積んで冬糸に戻ったら、それはもー夢のようにサクサクすいすい状態だ。きっと。



目下の心配ごとといえば、やはり配色。

一応ボーダーイラスト(4)バージョンで編んでるんですが、全部の色が出てこないとこれでいいのか安心できない。

ほんとは(3)バージョンの色味が一番好きなのだけど、買った糸はなるべく活用したいので(3)をチョイス。(*みみっちい)

でもインナーを合わせやすいのは(5)かなー、なんて配色の悩みは尽きないのであります。


#9_色色カーディガン | 【2004-07-03(Sat) 22:42:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

#9-1 色色カーディガンスタート

サマーニット&涼しさの共存に自信が持てなくなったので、次回ブツはカーディガンに路線変更。今回の糸が涼しかったら、またノースリーブに戻ろうかな。

でも今回は3号針でゲージ「28.5目×37段」。こんなハイゲージで袖アリモノを編むのは初めてで、コレ1着で今年の夏は終わってしまうかもしれません。




編みたいブツはというと、色をいっぱい使ったマルチボーダーの多色カーディガン。

自分が本当に欲しいのは、合わせやすいフツーな白色のカーディガンなのだけど、ハイゲージ&単色は編み物的には楽しくな~い。

そこでアメリカの編み物好きさんたちがPhildarカーディガンを編んでた(ページの真ん中あたりにある「phildar filly」というリンクをたどると楽しい)(*)のを見て、「これはいかにも楽しそうだし、あんまり売ってない!」とモデルが決定しました。

コレ、外国のニットらしく鮮やか色がにぎやかですが、そんなにしつこくない。霜降りカラーと原色ボーダーを組み合わせてるとこがgoodだと思うのです。



でももちろん私が使うダイヤ・ソフィーヌ・ミディにはそんな色揃えはなく、パステルカラー調な色揃え。・・・配色がイメージに合わない!

phildarカーデとは別物と割り切って、いろいろスワッチを編んでみたものの、キリがなくてまたまた見切り発車でスタートと相成りました。

一夏をささげる色色カーディガン、果てどうなることやら。



(*)アメリカのサイトには勝手にリンクをはってしまいました。もしサイト主さんが見に来られた時のために、英語で一言書いておきます。(excite翻訳の丸写し)

I am japanese knitter. I am sorry to have crawled on the link freely.


#9_色色カーディガン | 【2004-06-29(Tue) 12:42:12】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

Copyright © でたらめKnitting+@ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。