スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

BEST EYE'S COLLECTION Vol.92

3月に入って、春めいた陽気が漂い始めましたねー。
春らしいお天気に浮かれて、冬冬しい毛糸を触っているのがイヤになってきました。ムショーーーに春物が編みたい!派手ジマWrapは秋まで繰り延べしようっと。
まあ今から春物にとりかかっても、出来上がる頃にはすっかり夏になってて、延々繰り延べ&繰り延べしてるかもしれませんが・・・。

そのムショーーーに編みたいものの1つが、リッチモアのBEST EYE'S COLLECTIONの新刊から。
これって季刊誌のはずなのに、地元手芸店では新刊2冊分が同時に並べられたりする不定期な仕入ぶり。前号のVol.91にはついぞお目にかからなかったのですが、今回92号をGET。
book-rich20061.jpg
・書名=Richmore BEST EYE'S COLLECTION Vol.92
・発刊元=ハマナカ株式会社
・定価=税込980円
・右写真は新商品の宣伝ページ。「カシミア+コットン」とか「キャメル+コットン」とか「アンゴラ+コットン」など珍しい取り合わせのアースカラー限定ヤーン。使ってみたーい。

book-rich20062.jpg
・左デザイン=りょう
・右デザイン=風工房

お目当ては右のギザギザエジングボレロでした。
さすが風工房さん!のデザインで、編むのも楽しそうだし着ても良さそう。(似合うかどうかは別)
風工房さんって、エジングを棒針で仕上げるデザインを最近いくつか披露してくれてますよね?↓この表紙のニットとか。
4529041441ミセスの手あみ (13)
日本ヴォーグ社 2005-08

by G-Tools
ROWANマガジンのエジングパターンを編みたくてうらやましかったので、こういうの増えると嬉しい。これからも風工房さんについていこうっと。


“BEST EYE'S COLLECTION Vol.92”の続きを読む>>
スポンサーサイト
■レビュー:books | 【2006-03-07(Tue) 21:42:21】 | Trackback:(0) | Comments:(9) | [編集]

phildar441+443号到着

注文してから13日後、楽しみにしていたphildar春号がやってきた!

phildar441+443.jpg

443号は「今年の春はコレ1冊でも生きてけるわ」と思ったくらい、超好みな号。
先日の在庫糸棚卸直後は、「今年は春夏ものにあまり手を出さずに、大人しく在庫糸で冬物編んでよう」と反省したばかりなのに(←毎年思うがすぐに決心は崩れ去る)、ブライトなコットン糸でいろんなパターンの羽織ものをムショーに編みたくなりました。
ちなみに中味はここ↓で見れます。
http://www.phildar.fr/catalogues/catalogue-interactif.aspx

でもまだまだ寒くて冬糸から離れたくない私。今すぐ編んで着たいのは441号のコレです。

phildar441-09.jpg

これ、6種類の糸を組み合わせて編んであるんですが、代替糸の準備がヒジョーにムズカシイ。(ファーはダイヤ毛糸のマルチベルベっぽい)
こんな時には、おっきい毛糸屋さんで1玉1玉毛糸たちを吟味してお買い物するのがいいんでしょーねー。(遠征費用を考えると、外国から取り寄せた方が安くつきそうだ)
しばらくは毛糸探しで落ち着きのなくなるだろう3369でした。


■レビュー:books | 【2006-02-03(Fri) 22:02:24】 | Trackback:(0) | Comments:(4) | [編集]

ポンポンショール

(珍しく)本業多忙のため、ブログの更新が滞りがちです。せっかくの編み物シーズンなのに。ちっ。
そこで、困った時の「昔編んだ杵柄」シリーズ、いってみよ~。

b-asano5.jpg

昔昔その昔、やすーいモヘア糸で編んだポンポン付きショールです。長らくタンスの奥で眠っていたものを、引っ張り出してみたもの。
長方形の真ん中に割れ目が入っているので、体に巻いても落ちにくい構造になってます。↓

b-asano4.jpg
(*)北陸は今朝まっこと久しぶりに晴れたので激写したんですが、朝日のせいでなんだか輪郭が光ってます。

ALLメリヤス編みで延々編んであるんだよなあ。えらいなあ<当時の私。
その割に、白い服の上に着るとモヘアの黒い抜け毛が目立つので、今まであんまり着た事がないという、オチのついた一品でした。
そうそう、この失敗以来、モヘア糸を買い込まなくなったのです<今の私。

もちろん元ネタのショールは、モヘアではなくてファーをふんだんに使ったゼイタクな一品。

b-asano.jpg

b-asano1.jpg4277111734

・浅野ゆう子セーター&スタイリングメッセージ

・雄鶏社 1990-09
・デザイン:パピー企画室
・撮影:森 新治
by G-Tools


この本、さすが浅野ゆう子のネームバリューのおかげか、いまだに現役の本なのね。Amazonでも「2営業日以内に発送します」とあるし。
普通の編物本より薄くて作品数も少なめ。そのかわりにゆう子さまのニットコーディネート写真とスタイリングへのアドバイスがいっぱいです。
そしてなぜかアドバイス(=メッセージ)のカタカナ語はすべて英語表記。セーターはいちいち「sweater」で、コーディネートも「co-odinate」とか表記されているんですよ。七面倒くさいったら(怒)。

肝心のセーターはというと、80年代の名残を残したダボつき気味なシルエットのセーターを、並太以上の毛糸でしっかり編んだパターンが中心。
なのに上の冷たい配色の編み込み模様カーディガンや、リラックスセーターなど、なかなか好きなデザインが詰まっている1冊で、毎年冬になると必ず開いてしまう1冊なのでした。


■レビュー:books | 【2005-12-21(Wed) 00:01:15】 | Trackback:(0) | Comments:(12) | [編集]

#24-1 モコモコローブ

毛糸屋さんの次回バーゲンまでの間に、在庫糸で何を編もうか、手持ちの本や毛糸を家庭内物色。
結果、次は毛糸だま (No.96(’97年冬号))からコレ(一番左)を編もうと思います。

No.2401keitodama.jpg No.2401keitodama3.jpg
・カップルニットデザイン:(彼女ニット)兵頭良々子/(彼氏ニット)こがゆきお
・撮影:中島繁樹
・表紙ニットデザイン:(ママニット)原田睦美/(パパニット)大谷隆宏/(子供ニット)水野陽子/山縣真弓
・撮影:島村龍太郎

No.2401keitodama2.jpg

この号の「毛糸だま」には他にもお気に入りがいくつかあって、毎年冬になると何度も開く1冊です。
中でもこのローブは、はじめて見たとから「このたっぷりフードがあったかそうだ~。(その割りに胸元は寒そうかな)」と心奪われていたのに、毛糸消費量の多さに手が出るはずもなく、数年間眺めるばかりだった一品です。
今よくよく解説を見てみると、1玉25gのハマナカ「フェザーモール」(今は廃版?当時は1玉850円)を3本どりで810g(=33玉!)も使う指定になってる!鬼ぃー!

もちろん私が使うのは代替糸。
特大ポンチョアームウォーマー合体ミトンで使った、ハマナカの「ラブラモール」です。
もともとこの毛糸は、廃版ワゴンセールに出ていたのを「あのローブが編める!」とフェザーモールと間違えてそそくさと購入したもの。紛らわしいったら(怒)。
間違いに気付いて途方にくれたけれど、後に特大ポンチョとして日の目を見たのでした。

その後、ジャスコのパンドラハウスにて、ラブラモールが90%OFFで投売りセールされている所に遭遇し(1玉950円→10玉で980円!)、しこたま袋買いしたことを今まで内緒にしてきましたが(特に家族に知られてはいけない)、今日ここで白状いたします。アーメン。
この糸、モコモコで編み目が見えにくいくせに、ファーほど編地がわからなくなってくれない半端な糸なのですが、高くてファーをまとめ買い出来ない私には救いの毛糸。
大量のモコモコ糸入手+ゲージ再割り出し法を身に付けた今年、やっとこのローブが編めそう。


■レビュー:books | 【2005-11-07(Mon) 23:05:59】 | Trackback:(0) | Comments:(17) | [編集]

非メリヤス計画

キラッキラカシュクールも完成が見えてきたというのに、私の「何か模様編み編ませろ~病」は深まるばかり。
次に編んで着たい本命ニットもメリヤス編みなので、平行して編める非メリヤスニットを何か本気で考えなくては。
もちろんお気に入りのパターンは多々あれど、どのパターンも在庫糸より太めの糸を使ってるし、実際に着るとなると一長一短がありそうな物ばかり。例をあげてみると・・・

book-aran1.jpgbook-aran2.jpg
book-aran3.jpgbook-aran4.jpg
book-aran5.jpg

(1)左上:Rebecca23号-7
夏号に載っているスケスケアランセーター。暑いんか寒いんかどっちなん!(でもかわいい)
(2)右上:Rebecca23号-24
丸ヨークな所がかわいい。ただ脇の下は全開です・・・。
(3)真ん中左:phildar436号-20
これもスケスケン。スワッチを編んだら編地が固めでお悩み中。
(4)真ん中右:「私のために編むデザインニット
(雄鶏社/デザイン:岡本啓子/撮影:木寺紀雄)
お腹あったかすぎて腕が寒そうなため、トライする決断つかず。
(5)左下:「風工房のスタイリッシュニット
(日本ヴォーグ社/デザイン:風工房/撮影:半田広徳)
柄がカンペキ!なアランだけど、重そうだし暑そうだしお金がかかる。


ということでどれもかわいいのだけど保留中です・・・・。

PS.上のRebecca+phildar、多めに取り寄せてあった分をYahooオークションに出品中。(←あまりにも入札がないのでとうとう宣伝。でも価格が高騰するような無理な落札はしないで下さいませ。)


■レビュー:books | 【2005-10-17(Mon) 21:52:49】 | Trackback:(0) | Comments:(10) | [編集]

Wrap Style arrived

よ、予想を上回るかわいさです!

1931499918Wrap Style: Innovative To Traditional, 24 Inspirational Shawls, Ponchos, And Capelets To Knit And Crochet
Pam Allen Ann Budd
Interweave Pr 2005-09

by G-Tools


1日に2回も記事をUPするなんてもったいない。(←なるべく薄く長く続ける主義)けれど書かずにはいられないわ。
amazon japanさん、9/28発売だなんて書いてあるけど、もう届きましたよ!

今回の本はポンチョが多いのかな?ポンチョは実生活ではあまり気軽に着れないのよね~、と様子見のつもりでしたが、ishi's knitting diary ちなぽんさんのお部屋の記事を見て、意思撤回。
今回もバラエティ豊かなWrap styleが揃ってて、頼んで良かった~。
一番気にったのはコレ。不思議形マーガレット+キャミのコラボニットです。

book-wrapstyle.jpg
デザイナー:TEVA DURHAM

<wrap STYLEの中味が見れたリンク>
http://www.interweave.com/knit/books/Wrap_Style/inside.asp
http://www.needleartsbookshop.com/knitting_books/Wrap_Style.html

一番多いwrap styleは、表紙の伝統柄ケープ(←これも編みたい!)と同じような形の「肩~腕」をすっぽり覆う形のケープでした。
この形って、オフィスや自宅で羽織ってても邪魔にならなくて使える形だと思う。
1つボタン、2つボタン、3つボタンで留める形のケープやショールも揃ってるので、お気に入りが選べます。

ポンチョは思ったより少なめ。ポンチョ熱は下火の模様です。やっぱり?
日本の本は今年はポンチョパターンが大流行だけど、1年遅いと思う。(去年載せて欲しかった)

他にも、scarf styleの表紙マフラー(マフラー兼マーガレット?)の進化形があったり、棒針レースのポンチョやFlower basket shawlそっくりの三角ショールがあったり(っていうか同じもの?儲け!)と、とっても飽きない構成です。
さ、今年はこの中からいくつ編もうかな。


■レビュー:books | 【2005-09-16(Fri) 23:13:52】 | Trackback:(0) | Comments:(10) | [編集]

the latest issue Japanese & French knitting mags

タイトルのつづり、間違ってないかな。(←心配だけど調べるの面倒)
毛糸だま最新号を入手してウキウキして帰ってきたら、pildar最新号も届いてた!

book-2005autum.jpg

毛糸だま、読むとこたくさんあるなー。
まだ全部目を通してないけど、とりあえずコレが一番目を引きました。簡単なのにワザアリシルエットな不思議なマーガレット、今年の「素敵なニット 秋冬(だったっけ)」の表紙もこんなニットですよね。
私はかぎが苦手なので、モチーフをやめてカラフルうねうねで袖~後ろ身頃を編みたい。

book-2005keito.jpg

毛糸だま No.127(2005年秋号) (127)
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


表紙のニットデザイン:
兵頭良々子


マーガレットデザイン:
成川美千子

撮影:中島茂樹 姉崎正
伊藤ゆうじ 鈴木信雄 渡辺華菜


一方、phidar最新号は去年より若返って、モード色が強くなった。
春号の方が大人っぽくて好みだったな。(←まとめ買いしようと思って夏号が出るまで待ってたら、売り切れた・・・)
phildarはメリヤス編みか、同じ模様を繰り返す模様編みか、のどちらかのパターンが多い。
でもメリヤス編みでもゴム編み部分がすごく長かったり、普通のセーターなのに丸ヨークのように襟ぐりがぐるっと空いてたりして、シルエットがおしゃれです。
とりあえずすぐに編みたいのが左のボレロ。

book-2005phildar.jpg

これ、題名が「BOLERO KIMONO」。なんとこの号には、他に「KIMONO」とつくニットが3つくらいあるのですよ!(みんな袖と身頃を続けて編むパターン)
ちなみにphildarはこの辺りのサイトであらかじめ中味がぜーーんぶ見れます。

<今回のphildar入手メモ>
・ベルギーのお店で注文。
・本体5EURO+送料5EURO=10EURO。
・日本円換算で1400円。
・8/10送金→8/26到着。


■レビュー:books | 【2005-08-26(Fri) 23:31:46】 | Trackback:(1) | Comments:(10) | [編集]

Books Review

久しぶりに古本屋さんをチェックしたら、USED編み物本が大量投下されてました。
放出された方、わかってらっしゃる!

まずはマニアが泣いて喜びそうな、絶版本の紹介から。
ブランド「A/T」のデザイナー板倉慶ニさん(今は独立?)がデザインした、変てこニットが盛りだくさんの1冊です。
4529033007A/Tクリエイション・ニット―新感覚のフラットスタイル
日本ヴォーグ社 1999-10
おすすめ平均 star
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

・allデザイン:板倉慶ニ
・撮影:高橋仁己


テーマが「図形」というだけあって、四角や円形の形をした、着ることをあまり前提としていない、不思議なニットたち(←決して”セーター”とは呼べない)がいっぱい。
例えば、円形がテーマのコレは、かーなーりーユニーク。「Scarf style」の一番人気"ruffles"の巨大版か?
book-at2.jpg
あと見た目はフォークロア調でおしゃれだけど、重ね着するには重そうな実用性なさげなニットも、思わず編みたくなるかわいさ(でも実際には着ない)。この本、どの子を紹介しようかほんと迷う・・・。
book-at1.jpg


そして2冊目はコレ。
book-nakanoヒロミチ ナカノ セーターブック―女優 坂井真紀&デザイナー 中野裕通
日本ヴォーグ社 1995-09
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

・allデザイン:ヒロミチナカ
・撮影:恩田義則


図書館でも2回借りたことのある、ヒロミチナカノ本です。
この2つのニットが前々から好きなんだけど、なかなか編まないので、もう似合わなくなってきている(焦)。
book-nakano.jpg


最後は中級者ニッター向けの、ミセス本。
4277113702シックに着たい私のニット
雄鶏社 2003-08
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

・allデザイン:MOTOHIRO企画室
・撮影:半田広徳


この本、編み方がめちゃマニアックです。なんせ横編みのセーターが4つも載ってるくらいですから。
多分このまま編むことはないだろうけど、編み図は参考にさせていただく予定。
この本で気に入ったのは以下パターン。
book-sikku
マーガレットは、後ろのシルエットがもたついてる気がするけれど、私こういう縁の毛糸を変えてあるニットに弱いのですヨ。
さあ、冬糸さんが店頭に並ぶ日が待ちどおしくなってきた!


■レビュー:books | 【2005-08-22(Mon) 22:03:19】 | Trackback:(0) | Comments:(7) | [編集]

#21-2 うねうねSwatch

うねうねカラフルスワッチを編み出したら、どこで止めていいかわからなくなった・・・。

No.2102swatch.jpg

う~む。
編地が少しぼこぼこなのと、透かし具合があまり好きじゃないかな。
このうねうねは好きだけど。

うねうねカラフルセーターは、「Vintage Knits」にこんなパターンがあるので、参考にしようと思ったのです。

book-vintageknits.jpg

0743224566Vintage Knits: 30 Exquisite Vintage-Inspired Patterns for Cardigans, Twin Sets, Crewnecks and More
Sarah Dallas Yesterknits

Fireside 2002-08-01
おすすめ平均

by G-Tools


ううむ、かわいい。
日本の藤編み使いのパターンは、編み始めはだいたいガーター編みで、裾はうねうねしたままのものが多くないですか?
しかも単色(または2色)や段染めものが多くて、配色で遊べるものがほとんどない。
私は「Vintage Knits」のように、うねうねはあくまで配色を楽しむために使って、裾や袖口はまっすぐなままの方が好きだなあ。

ただし「Vintage Knits」にはChartが全く載ってないので要注意。
出来上がりのバストサイズや高さは書いてあるけど、編み始めの幅は何cmなのかとか、袖に到達するまでの高さは何cmなのかとか、計算しないとわかりません。(←頼みのゲージも10cm単位じゃなくて、1模様が単位のものもある)
これではアレンジ大魔王の私は、とってもアレンジしにくいではないの・・・。

あと「Vintage」って50年代のことなのね。
そのせいか、どのパターンも肩幅がジャストサイズより若干大きめのような気がする。
60年代や70年代の「Vintage」本が出ないかな。


■レビュー:books | 【2005-08-13(Sat) 10:42:15】 | Trackback:(0) | Comments:(5) | [編集]

編んで着る、冬のアイテム ニットスカート

いきなり絶版本?(amazonでは在庫切れ。livedoor booksなら注文可能?)の紹介で申し訳ない。
でもこの本、CUUUUTE!度にかけてはピカ一だと思う。

4277113451編んで着る、冬のアイテム ニットスカート

雄鶏社 2000-09
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


book-skirt.jpg

・デザイン:左=横山純子/右=きゆなはれる
・カメラマン:ホソミタクヤ

表紙のスカートはじつはジャンパースカートです。年齢的にはすでにアウトだし、かぎ針は死ぬ気にならないと出来ないのだけれど、かわいいので許す!
右のロングスカートは、とっても大人な私でも着れそうだし、暖かそうだし、丁度良い毛糸が手に入れば編みたい1着。

この本はモデルさん&ターゲットが10代で、モチーフを使ったキュートなスカートや、かぎ針で編むラブリーなニットキャミ&お揃いのスカートなど、かわいすぎる作品多し。
ただ10代向けの編み物本によく見られる「極太毛糸中心&仕上げはイージー」な手抜き感がなくて、仕上げの方法も解説も丁寧なところが、大人なニッターにも好感触。

気になるのが、10代向けにしては使っている毛糸(リッチモアのバカラピュールとかカウント10とか)のお値段が贅沢で、そのせいでロングセラー本になり損ねた?
でも重くならないように平均300gで出来るよう気を配ってあったり、裏地をつけないで編む作りだったり、ウェストから編み始めて着丈を調整できるようになっていたり、とかなり配慮された1冊だと思う。

棒針編みよりかぎ針編みの方が多いけど、上のロングスカートやファンシーヤーンの面白編地を利用したメリヤス編みのシンプルなスカートとかは編んでみたい。普段着のワードローブに入れても違和感なさそうです。
市販のニットスカートを持ってるけど、やっぱり暖かいもの。

まあ心配なのが、実用性。
伸びやすい毛糸でスカートを編んでも伸び伸びにならないのか?とか、
お尻のあたりはよくすれるからすぐに毛玉になるんじゃない?など
の疑問があるけれど(←毛玉になりにくいモヘア系毛糸を多用しているから大丈夫?)、こればっかりは編んでみないとわからない。
ビデオ鑑賞時の手慰みにでも、1着編んでみようかな。


■レビュー:books | 【2005-07-04(Mon) 12:52:06】 | Trackback:(0) | Comments:(5) | [編集]

Books Review:おしゃれなマクラメ

こないだ紹介した「scarf style」に載っている、あじろショール(正しくは「LADY ELENOR ENTRELAC STOLE」)の変わりフリンジがとっても気になる今日この頃。
(*どんなフリンジかというと、ココで大きな写真が見れました。)

本のフリンジ解説には図が一切なくて、英語でズラズラ書いてあるもんだからさっぱり要領を得ません。
てきとーにフリンジ同志を結んでみても、イマイチだ・・・。
そこで確か図書館にあったなあ、とこんな本を借りてきました。
4529037398おしゃれなマクラメ―ベルトとバッグ
池田 初枝

日本ヴォーグ社 2002-10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

book-makurame.jpg

・デザイン:池田初枝 熊嶋ミチ子 柿崎薫予 宇佐美悦子 ほか多数
・撮影:高橋仁己

そう、マクラメの技法で結び目がスマートに見える結び方を探せばいいのだ~。
左下のベルト、まさにあじろショールのフリンジとほぼ同じ形。ビンゴ!です。

この「おしゃれなマクラメ」という本、タイトルに「おしゃれ」とついている割りに本当にオシャレなベルトが載ってて、思わず革紐買って来てベルト編みたくなりました。
っていうか、多分明日革紐探しに行くと思う。
こうやって、どんどん脱線していくのか・・・。


■レビュー:books | 【2005-05-29(Sun) 02:39:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

amazonより「scarf style」他洋書3冊到着

久しぶりにamazonで本を注文。土曜の夜に注文して月曜に届くのだから、amazonさんエライ!

 (1)2,053yen
1931499543Scarf Style: Innovative to Traditional, 31 Inspirational Styles to Knit and Crochet
Pam Allen

Interweave Pr 2004-09-01
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(2)1,683yen
0743224566Vintage Knits: 30 Exquisite Vintage-Inspired Patterns for Cardigans, Twin Sets, Crewnecks and More
Sarah Dallas Yesterknits

Fireside 2002-08-01
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(3)1,491yen
0761135901Stitch 'n Bitch Nation
Debbie Stoller Adrienne Yan Karen Pearson

Workman Pub Co 2004-11-04
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


代引き手数料コミで合計5,487yen。
Rebecca大量到着以降、本を買い控えていたのに一気に買いすぎ。こんなに編めるほど手がないというのに。
でも結果は(1)Scarf Style だけでも3杯飯いけるくらいの満足度。他の2冊にまだじっくり目を通す余裕がないほどで、編みたいものが一気に増えました。

もともとはayaさん(byひがなちくちく All day stitchin')のluckyを見て、即効amazonに(3)stitch'n bitch Nationを注文。
この本、東京に行った時にちょうど手にとって見ていて、買おうかどうしようか迷っていたのです。
ついでに前から実物をぜひ見たかった(1)と、あちこちのblogで評判の良い(2)も同時に注文。
今回頼んだ3冊ともアタリで、外れナシでした。

(1)scarf styleだけでも、これらは編みたい。

・デザイン:左上から時計回りに・・・Jo Sharp/Pam Allen/Katheeen Power Johnson/Nancy Bush

左下のあじろショール、マフラーのようにざっくり巻いてあるのがかわいいぞ。
本当はもっと面白くてカラフルなscarfがいっぱいです。(Scarf Style Knit-Alongはココ


■レビュー:books | 【2005-05-09(Mon) 22:35:30】 | Trackback:(0) | Comments:(10) | [編集]

近況報告

先週から、魔の仕事週間に突入しているので、段染めカシュクールは袖1つ残した状態で足踏み中。
いったん編み針を持つと、眠くなくなってずっと編んでいたくなるので、寝る前の編み針ちくちくもおあづけ。睡眠確保を優先しております。

それでも就寝前には編み物本を眺めては、次の春夏物に思いを巡らせる所はやはりニッター。
本当は春物のショールを編みたかったのだけど、ここ2日は20度超えでもはや暑いので、ショール編みは計画段階からピンチかも・・・。

book-crochet.jpg

・タイトル:「素敵な手編みニット」
・出版社:雄鶏社
・デザイン:遠藤ひろみ
・撮影:中川十内
4277161227素敵な手編みニット―ニットセレクション レディース&メンズ
雄鶏社

雄鶏社 2001-09

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


4277171605モチーフつなぎ―毛糸で作るかぎ針編みの小もの
雄鶏社

雄鶏社 2000-09
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


上の「素敵な手編みニット」は、先シーズンの編み物本から人気パターンを集めているはずなんだけど、本当に素敵なニットはほとんどが下の「モチーフつなぎ」本から転載されたパターンでした。

ぶちの毛糸というかかすりの毛糸と単色毛糸を組み合わせたこのショール、色が春らしくてステキ。
かぎ針は出来ないけど、以前実験していたジグザグ編みか、藤編みでも応用可能だと思う。

問題は毛糸のチョイス。
春物のショールといえばモヘアが思い浮かぶけど、抜け毛が多いのが私的には多いなるネックです。
抜け毛がなくて、すぐに編める太目の毛糸で、春らしいさわやかな軽めの素材で、かつかすりの毛糸って、どこかにあるんでしょーか?

毛糸が見つかったら、編んでみたいショールパターンでした。


■レビュー:books | 【2005-04-07(Thu) 12:46:12】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

NHKおしゃれ工房 11・12月号-2004

book-osyare2004.jpg

NHKおしゃれ工房:日本放送出版協会
--右のニットジャケット デザイン:横森美奈子 撮影:藤田浩司
--左の冬ソナマフラー デザイン:細野雅子 撮影:安東紀夫

この時期、NHK教育の「おしゃれ工房」がニッター的にはおいしいらしい。
ゆみさんの書き込みとかたじんこさんの11/8の手芸日報を読んで、これはチェックせねば!と先日11月号を立ち読み。
白と黒の並太毛糸を3本引き揃えて、ローゲージでざくざく編みながら流行のツィード調ニットジャケットを仕上げてしまおう、というなかなかのナイスアイディーアな一品でした。
もちろんアイディアだけじゃなくて、シルエットもジャケットらしく仕上がるよう工夫が凝らされてて好感触。

が、買わずに立ち読みだけで済ませていたら、もう12月号が発売。あうううう。
しかも編猫の三角さんが素敵色でニットジャケットを編んでいらっしゃる。これがとってもかわいい。

あわてて心当たりをまわっていたら、ありました11月号!ついでに12月号もお買い上げ。
12月号は裏表を同色系の毛糸で編む、リバーシブルな冬ソナマフラーの色使いがとってもキレイ。
でもその場でお買い上げした決め手は、ミニョン巻きのイラストがあったからだったりするかもしれません・・・。

日本では編み物雑誌といえば「毛糸だま」ですが、編み物歴の結構長い(長いだけ)私でも「毛糸だま」は敷居が高く感じます。
やたらと難しいし、流行りモノが少ないよーな。今年はポンチョとかカシュクールとかケープ付きセーターとかフリンジ付きツィードジャケットとかいろいろ載せるべきだったのに。(*個人的主観入り)
編み物ワールドに若者(わたしは若者じゃないけどね)を取り込もうという姿勢を、もう少し見せてくれてもいいのに、ターゲットにされてないんでしょーか。

その点「おしゃれ工房」は小回りがきいてました。
無駄に難しいところは省いてあるけど、省いちゃいけない難しいところは丁寧に解説してある。
編み方はシンプルだけど、シルエットには気を使ったニット本がもっと増えてくれれば良いのだけれど。


■レビュー:books | 【2004-11-21(Sun) 22:39:15】 | Trackback:(0) | Comments:(11) | [編集]

次の大物決まらず

次はどんな大物を編もうかな~、と日々ぼーっと考えていますが決定打なし。
「これぜったい編みたい!」くらいの勢いがないとねー、なかなか始める気になれなくて。
今のところ優勢なのが、ジップアップとショールカラーもの。(←今年すでに2度も風邪を引いているので、暖かさ重視のチョイス)

●ショールカラーじゃないけどphildarパターン
フランスのtricot-blogをまわってたら、いくつかのblogで編みたいモノリストにあがってました。面白構造なニット。

●ショールカラーじゃないかもしれないDebbie Blissパターン
表紙の女の子が着ているニットがかわいい。ちょっと着物っぽい?

●あとわたしが持ってる古本パターン


これ雄鶏社が1974年に発行している「あみもの やさしい棒針編み」という古い本ですが、なかなか好きな1冊。
・デザイン:(右上から時計回りに)百部イキ子/とりい京子/百部イキ子/前原国男/三浦孝子
・撮影:秋信悟/佐々木キタロー

見づらいけど左上の男性が着ているガウン風カーディガンが暖かそう。左下のニットコートも、今でも売ってそうなデザインです。
この頃のニットは、どれも着幅がぴったりくるよう小さめサイズで編んであるのですね~。特にメンズサイズが小さい小さい。男性モデルさんたちはピチピチなニットを、みょーなポーズをとりながら着こなしてらっしゃいます。

それでも決まらない、次の大物。日替わりで編みたいニットが変わっているので、まだ決まりそうにないな・・・。


■レビュー:books | 【2004-11-11(Thu) 20:55:45】 | Trackback:(0) | Comments:(5) | [編集]

Copyright © でたらめKnitting+@ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。