スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

#22-5 Finish!!

連休のおかげで、何とか仕上がりました。
いやー、今回は危なかった。何回投げ出そうと思ったことか。

No.2205bolero.jpg
 ↑おすましポーズですみません・・・。

最初、ゴム編み部分をパターンより長く編んだら、ものすごくKIMONOに近づいてしまったので、2回目のゴム編みはパターンよりやや短め。おかげで前合わせがぎりぎりです。
(おっきいボタンが見つけられなかったので、ボタンホールを作らないでピンで留めることにした)

あと最後の2目ゴム編みどめが横に引っ張られて、仕上がりがあまりきれいじゃないです。がっくし。
ボレロの構造上、太い縁にする場合は最後に2目ゴム編みどめを持ってこない方が良いのかもしれない。
または細長い1目ゴム編みを編んで、縦にとじつけた方がきれいかな。

でもフランス式の「ゴム編みを別に編んで最後にとじつけ」方式は、カーブのところをきれいにとじれなくて結局挫折。
途中で気分を入れ替えて、おなじみの目を拾う方式に切り替えたものの、ボレロの縁をぐるりと均等に編むのが同じように難しかったです。
1回目の反省から、カーブの所で目数を多めに拾うようにしたけど、それでもよれってよれってグレそうになりました。アイロンをかけたら何とかカーブは落ち着いたので助かったけど。

No.2205cote.jpg

それでも出来上がったボレロは私のサイズにぴったりで、ZARAを使ったおかげでしなやかな着心地になりました。(←ZARAは大好きな毛糸になった。)
苦労した分、秋が深まったら着倒してやる~。

<今回得た教訓>
 ・ボレロはカーブが意外な落とし穴で、案外難しい。
 ・これからは前立は目を拾わないで済む、細長いbandを後からとじるものばかり選んで編もう。


スポンサーサイト
#22_KIMONO BOLERO | 【2005-09-19(Mon) 19:50:57】 | Trackback:(0) | Comments:(20) | [編集]

#22-4 Not Finished

It's not finished. I will begin to knit some bands.
ええーっと、まだ出来てないですよー。まだですからー。

No.2204notfinish.jpg No.2204notfinish2.jpg

このボレロ、床に置いた姿が着た姿に比べてかわいくなさすぎるので、フライング気味な着てナンボで失礼します。
袖口を編んで(←袖を伸ばした)背中の中央をはいだら(←引き抜きはぎ?をメリヤスはぎに変更してみた)、できたも同然な気分になって、すっかりご満悦な私。背中に糸ぶら下げてるけどね。フッ。
お店でよく売ってる形ではあるけど、向こうはアクリル混合率が高いのに比べて、こっちはメリノウール100%で手触りバツグン、伸縮性もバッチリで着やすいです。
たとえ久しぶりの2目ゴム編み止めが変形していようとも、愛しさがちがーう。

とまるで出来上がったかのようなコメントを書いてしまったけど、実際はこれから縁編み。
phildarでは、前立や襟は身頃から目を拾うのではなくて、縁を別編みして後で身頃と一緒にはぐのがごくノーマルなやり方みたい。(←よく見ると最初のページにイラストがあったのでわかった)
もしかしたら、フランスには(アメリカにも?)ゴム編み止めがないのかな?

袖口の2目ゴム編み止めがきれいに出来なかった私は、ぐるぐるっと長~い縁の2目ゴム編み止めをする根気が・・・。
今回はphildarにある通り、別編みの縁を編んで後から身頃とはぐ方法でやってみようかな。


#22_KIMONO BOLERO | 【2005-09-11(Sun) 16:20:53】 | Trackback:(1) | Comments:(16) | [編集]

#22-3 second part

おはよーございます。
このプロジェクトは展開が早いので、こまめに写真をUPしないと完成してしまう。今朝は、昨晩撮った写真を2つばかしUP。

No.2203second.jpg

これは2つめのパーツ。もうほどかないぞ!と決めて、今回はアイロンがけしてから撮りました。
とじる前の平らな図を見たら、そのマニアックな編み方がわかります?マーガレットより数段難しいと思う。(←巻き増し目のせいだ)
そして脇のとじ方にも気を使わないといけない。前回きれいにとじれなかった反省から、基礎本を引っ張り出してきて「両方伏せ止めの場合」のページを参照。
基礎本には下が「ハ」の字で、上が「逆ハの字」になるとか書いてあるけど、それって逆にわかりにくいんじゃ?私は「両方ともとにかく内股」と覚えることにしました。

No.2203toji.jpg

これ、裏メリヤス編みのとじ方と同じで、糸を引っ張りすぎずにゆるーくとじる方がきれいですね。でもどっちみち跡が残ってしまうけど。

残すはラストのbands問題。
私の解釈が間違っていなければ、日本の常識とはかーなーり違うやり方みたい。
でもおそらく勘違いしているので、袖口を編みながらいま一度解説を読んでおこう。この週末中に仕上がるか?


#22_KIMONO BOLERO | 【2005-09-10(Sat) 09:00:35】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

#22-2 KIMONO BOLERO

ニュースを見るととんでもないことになってますが、九州・四国地方の方々、大丈夫でしょうか?1年の雨量の半分が降ったって・・・。
こちらは風が少し強くなってきたけど(訂正、22:45分現在、風が俄然強くなってきた)、雨はまだ降ってません。今外を歩いてきたけど、星も月も見えないのに白い雲が空いっぱいに広がってるせいで、うっすら明るい、変てこな空でした。


#22_KIMONO BOLERO | 【2005-09-06(Tue) 22:03:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

必殺1玉買い

先週またまた旅に出ていたのですが、帰りが急遽1人旅になったので、神戸に寄り道。
神戸といえばうまいパン屋、もといユニオンウール。10時の開店(←本当は10時半だった)を待ってお店潜入(←突入)。気になる毛糸やらRowanマガジンやらをチェックしてきました。
お店の方には、いろいろ親切にしていただいてありがとうございました。

05-09-04.jpg

そしてこれだけをお買い上げ。いわゆる1玉買いでございます。
本当はゲージ28目前後の細めの糸を探していたのに、途中から「地元ではお目にかかれない糸」もターゲット化。たた夫さんのサイトでおなじみの「Rowanキッド・クラシック」や「フェルテェッド・ツィード」も、あまりに美しい色なので1玉ずつお持ち帰り。
フェルテェッド・ツィードでは、マガジン最新号のMISS MARPLEが編みたい。でもパターン解読ができてかつお財布と相談がつけばの話なので、どうなるかは不明。


そしておまけの次回予告。
以下は、phildar到着後に速攻注文していた、KIMONOボレロ用のZARA(by内藤商事)です。

No.2201yarn.jpg

でもゲージ18目って思いのほか太い。(←久しぶりの冬物で勘が狂っている)
秋が深まるまで寝かしておこうと思っていたのに、ヒマヒマな電車の中でパターン解読していたら「これは複雑で編まないとわからん。よし編むか。」と編み出してしまったもの。
まだ全部解読できてないんだけど、大丈夫でしょーか。そしてこんな太い糸に手を付けたら、激細のジグザグカラフルに戻れる日は来るんでしょーか?うーむ、危険だ。


#22_KIMONO BOLERO | 【2005-09-04(Sun) 10:16:22】 | Trackback:(0) | Comments:(9) | [編集]

Copyright © でたらめKnitting+@ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*    まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。